Microsoft Exchange Server 2022 年 10 月ゼロデイ脆弱性 (ProxyNotShell)

high Nessus プラグイン ID 165705

概要

リモートホストにインストールされている Microsoft Exchange Server は、複数のゼロデイ脆弱性の影響を受ける可能絵師があります。

説明

リモートホストにインストールされている Microsoft Exchange Server は、ProxyNotShell と呼ばれる複数のゼロデイ脆弱性の影響を受ける可能絵師があります。

- 詳細不明な認証済みサーバー側リクエスト偽造 (SSRF) の脆弱性。(CVE-2022-41040)

- 攻撃者が PowerShell にアクセスできる場合に、詳細不明な認証済みリモートコード実行 (RCE) 脆弱性。(CVE-2022-41082)

これらの脆弱性の緩和策については、Microsoft のガイダンスを参照してください。

ソリューション

パッチのガイダンスについては、Microsoft にお問い合わせください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?57fc3035

http://www.nessus.org/u?4c7cacb5

https://community.tenable.com/s/feed/0D53a00008oIvkYCAS

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 165705

ファイル名: smb_nt_ms22_oct_exchange_zeroday.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: local

エージェント: windows

公開日: 2022/10/5

更新日: 2023/1/12

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.6

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9

Temporal Score: 7.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-41082

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 8.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:microsoft:exchange_server

必要な KB アイテム: SMB/MS_Bulletin_Checks/Possible

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

脆弱性公開日: 2022/9/30

CISAの既知の悪用日: 2022/10/21

エクスプロイト可能

Core Impact

Metasploit (Microsoft Exchange ProxyNotShell RCE)

参照情報

CVE: CVE-2022-41040, CVE-2022-41082

IAVA: 2022-A-0474-S

CEA-ID: CEA-2022-0031