Cisco Expressway シリーズおよび Cisco TelePresence VCS の不適切な証明書検証の脆弱性 (cisco-sa-expressway-csrf-sqpsSfY6)

high Nessus プラグイン ID 165761

概要

リモートデバイスに、ベンダーが提供したセキュリティパッチがありません。

説明

自己報告されたバージョンによると、Cisco Expressway-C および Cisco TelePresence VCS デバイスは、認証されていないリモートの攻撃者が機密データへの不正アクセスを取得できる証明書検証の脆弱性の影響を受けます。この脆弱性は、影響を受けるデバイスが Cisco Unified Communications Manager デバイスへの接続を確立する際に受信する SSL サーバー証明書が検証されないことによるものです。攻撃者は、中間者攻撃の手法を使用してデバイス間のトラフィックを傍受し、自己署名証明書を使用してエンドポイントを偽装することで、この脆弱性を悪用する可能性があります。悪用に成功すると、攻撃者は傍受したトラフィックをクリアテキストで表示したり、トラフィックの内容を変更したりする可能性があります。

詳細については、付属の Cisco BID および Cisco Security Advisory を参照してください。
Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Cisco バグ ID CSCwa25097 および CSCwa25108 に記載されている該当の修正済みバージョンにアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?b189acd2

https://bst.cloudapps.cisco.com/bugsearch/bug/CSCwa25108

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 165761

ファイル名: cisco-sa-expressway-CSCwa25108.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: combined

ファミリー: CISCO

公開日: 2022/10/7

更新日: 2022/10/10

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.2

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.1

Temporal Score: 5.3

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:H/Au:N/C:C/I:C/A:N

現状ベクトル: CVSS2#E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-20814

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.4

Temporal Score: 6.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:N

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:a:cisco:telepresence_video_communication_server_software:*:*:*:*:*:*:*:*, cpe:2.3:h:cisco:telepresence_video_communication_server:*:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: Cisco/TelePresence_VCS/Version

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/10/5

脆弱性公開日: 2022/10/5

参照情報

CVE: CVE-2022-20814

CISCO-SA: cisco-sa-expressway-csrf-sqpsSfY6

IAVA: 2022-A-0399

CISCO-BUG-ID: CSCwa25108