Amazon Linux 2:thunderbird (ALAS-2022-1855)

high Nessus プラグイン ID 166000

概要

リモートの Amazon Linux 2 ホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされているthunderbirdのバージョンは、91.13.0-1より前のものです。したがって、ALAS2-2022-1855 のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- Mozilla 開発者および Mozilla Fuzzing Team は、Thunderbird 102 に存在するメモリ安全性バグを報告しました。
これらのバグの一部にはメモリ破損の証拠が示されており、当社では、十分な労力をもってすればこれらの一部を悪用し、任意のコードを実行することが可能であると推測しています。(CVE-2022-2505)

- ソーステキストのような「chrome: //」の URL のディレクトリリストにアクセスすると、パラメーターの一部が折り返されました。
(CVE-2022-36318)

- オーバーフローおよび変換のための CSS プロパティを組み合わせる際、マウスカーソルが表示とは異なる座標を操作する可能性があります。(CVE-2022-36319)

- 攻撃者は XSLT のエラー処理を悪用して、攻撃者がコントロールするコンテンツをアドレスバーに表示された別の生成元と関連付けた可能性があります。これは、偽装された生成元に対してデータを送信するようユーザーを騙すために使用された可能性があります。(CVE-2022-38472)

- Mozilla: クロスオリジン XSLT ドキュメントは、親の権限を継承する可能性があります (CVE-2022-38473)

- <code>PK11ChangePW</code> 関数でデータ競合が発生し、メモリ解放後使用 (Use After Free) の脆弱性につながる可能性があります。Thunderbird では、ユーザーがマスターパスワードを変更した際に、このロックがデータを保護しました。
(CVE-2022-38476)

- Mozilla 開発者の Nika Layzell 氏および Mozilla Fuzzing Team は、Thunderbird 102.1に存在するメモリ安全性のバグを報告しました。これらのバグの一部にはメモリ破損の証拠が示されており、当社では、十分な労力をもってすればこれらの一部を悪用し、任意のコードを実行することが可能であると推測しています。(CVE-2022-38477)

- Mozilla Fuzzing Team のメンバーは、Thunderbird 102.1および Thunderbird 91.12に存在するメモリ安全性のバグを報告しました。これらのバグの一部にはメモリ破損の証拠が示されており、当社では、十分な労力をもってすればこれらの一部を悪用し、任意のコードを実行することが可能であると推測しています。(CVE-2022-38478)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

「yum update thunderbird」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/AL2/ALAS-2022-1855.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-2505.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-36318.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-36319.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-38472.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-38473.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-38476.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-38477.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-38478.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 166000

ファイル名: al2_ALAS-2022-1855.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/10/11

更新日: 2023/1/2

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-38478

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:thunderbird, p-cpe:/a:amazon:linux:thunderbird-debuginfo, cpe:/o:amazon:linux:2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/9/30

脆弱性公開日: 2022/7/28

参照情報

CVE: CVE-2022-2505, CVE-2022-36318, CVE-2022-36319, CVE-2022-38472, CVE-2022-38473, CVE-2022-38476, CVE-2022-38477, CVE-2022-38478

IAVA: 2022-A-0342-S