FreeBSD: samba -- 複数の脆弱性 (f9140ad4-4920-11ed-a07e-080027f5fec9)

high Nessus プラグイン ID 166005

言語:

概要

リモートの FreeBSD ホストに 1 つ以上のセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされている FreeBSD のバージョンは、テスト済みバージョンより前です。したがって、f9140ad4-4920-11ed-a07e-080027f5fec9 のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- Samba に欠陥が見つかりました。KDC と kpasswd サービスが単一のアカウントとキーのセットを共有し、お互いのチケットを復号できる場合に、セキュリティの脆弱性が発生します。パスワードの変更をリクエストされたユーザーがこの欠陥を悪用して、他のサービスのチケットを取得して使用する可能性があります。
(CVE-2022-2031)

- Samba に欠陥が見つかりました。クライアントが書き込みを満たすのに十分なデータを送信したことを保証するために、一部の SMB1 書き込みリクエストが正しく範囲チェックされていませんでした。これにより、クライアントが提供したデータの代わりにサーバーメモリの内容をファイル (またはプリンター) に書き込むことができます。クライアントは、ファイル (またはプリンター) に書き込まれるサーバーメモリの領域を制御できません。(CVE-2022-32742)

- Samba に欠陥が見つかりました。KDC は、既知の任意の鍵で暗号化された kpasswd リクエストを受け入れます。偽造された kpasswd リクエストを独自のキーで暗号化することで、ユーザーは他のユーザーのパスワードを変更でき、完全なドメイン乗っ取りが可能になります。(CVE-2022-32744)

- Samba に欠陥が見つかりました。Samba AD ユーザーは、LDAP で初期化されていないデータにアクセスさせたり、リクエストを変更したりする可能性があり、通常はセグメンテーション違反が発生します。(CVE-2022-32745)

- Samba AD LDAP サーバーに欠陥が見つかりました。AD DC データベース監査ロギングモジュールは、先行するデータベースモジュールによって解放された LDAP メッセージの値にアクセスできるため、メモリ解放後使用 (Use After Free) の問題が発生します。この問題は、userAccountControl などの特定の権限のある属性を変更する場合にのみ発生します。(CVE-2022-32746)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://www.samba.org/samba/security/CVE-2022-32744.html

https://www.samba.org/samba/security/CVE-2022-32742.html

https://www.samba.org/samba/security/CVE-2022-2031.html

https://www.samba.org/samba/security/CVE-2022-32745.html

https://www.samba.org/samba/security/CVE-2022-32746.html

https://lists.samba.org/archive/samba-announce/2022/000609.html

http://www.nessus.org/u?0bfe53a8

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 166005

ファイル名: freebsd_pkg_f9140ad4492011eda07e080027f5fec9.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

公開日: 2022/10/11

更新日: 2022/12/1

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.4

Temporal Score: 7

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:N/A:C

現状ベクトル: CVSS2#E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-32745

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-32744

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:o:freebsd:freebsd:*:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:freebsd:freebsd:samba412:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:freebsd:freebsd:samba413:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/10/11

脆弱性公開日: 2022/7/27

参照情報

CVE: CVE-2022-2031, CVE-2022-32742, CVE-2022-32744, CVE-2022-32745, CVE-2022-32746

IAVA: 2022-A-0299-S