Mozilla Firefox ESR < 102.4

high Nessus プラグイン ID 166210

概要

リモートのWindowsホストにインストールされているWebブラウザは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートの Windows ホストにインストールされている Firefox ESR のバージョンは、102.4 より前のものです。したがって、mfsa2022-45 アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- 同一生成元ポリシー違反により、クロス生成元 URL エントリの盗難が可能になり、<code>Performance.getEntries()</code> を介してリダイレクトの結果が漏洩する可能性があります。(CVE-2022-42927)

- 特定のタイプの割り当てに注釈がありませんでした。Garbage Collector が特定の状態にある場合に、これはメモリ破損および悪用可能なクラッシュにつながる可能性がありました。(CVE-2022-42928)

- Web サイトが特定の方法で <code>window.print()</code> を呼び出した場合、ブラウザのサービス拒否を引き起こす可能性があります。これは、ユーザーのセッション復元設定によっては、ブラウザの再起動後にも持続する可能性があります。
(CVE-2022-42929)

- Mozilla 開発者の Ashley Hale 氏および Mozilla Fuzzing Team は、Firefox 105 と Firefox ESR 102.3に存在するメモリ安全性のバグを報告しました。これらのバグの一部にはメモリ破損の証拠が示されており、当社では、十分な労力をもってすればこれらの一部を悪用し、任意のコードを実行することが可能であると推測しています。(CVE-2022-42932)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Mozilla Firefox ESR をバージョン 102.4 以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2022-45/

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 166210

ファイル名: mozilla_firefox_102_4_esr.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2022/10/18

更新日: 2023/1/4

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-42932

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:mozilla:firefox_esr

必要な KB アイテム: Mozilla/Firefox/Version

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/10/18

脆弱性公開日: 2022/10/18

参照情報

CVE: CVE-2022-42927, CVE-2022-42928, CVE-2022-42929, CVE-2022-42932

IAVA: 2022-A-0435-S