Oracle Coherence の認証されていないアクセス (2022 年 10 月 CPU)

medium Nessus プラグイン ID 166378

概要

リモートホストは、未承認アクセスの脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされている Coherence のバージョン 12.2.1.4.0および 14.1.1.0.0は、2022 年 10 月のアドバイザリに記載されている不正アクセスの脆弱性の影響を受けます。この簡単に悪用可能な脆弱性によって、権限の低い攻撃者が、Oracle Coherence が実行されているインフラストラクチャにログオンし、Oracle Coherence を侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なしで重要なデータにアクセスできるようになるか、Oracle Coherence がアクセスできるすべてのデータに完全にアクセスできるようになります。

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

2022 年 10 月の Oracle Critical Patch Update アドバイザリに従い、適切なパッチを適用してください。

関連情報

https://www.oracle.com/docs/tech/security-alerts/cpuoct2022cvrf.xml

https://www.oracle.com/security-alerts/cpuoct2022.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 166378

ファイル名: oracle_coherence_cpu_oct_2022.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: windows, macosx, unix

ファミリー: Misc.

公開日: 2022/10/21

更新日: 2023/1/24

構成: 徹底的なチェックを有効にする

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.1

CVSS v2

リスクファクター: Low

Base Score: 1.9

Temporal Score: 1.4

ベクトル: AV:L/AC:M/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-24823

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.5

Temporal Score: 4.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:fusion_middleware, cpe:/a:oracle:coherence

必要な KB アイテム: installed_sw/Oracle Coherence

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/10/21

脆弱性公開日: 2022/10/21

参照情報

CVE: CVE-2022-24823

IAVA: 2022-A-0431