OpenJDK 7 <= 7u351 / 8 <= 8u342 / 11.0.0 <= 11.0.16 / 13.0.0 <= 13.0.12 / 15.0.0 <= 15.0.8 / 17.0.0 <= 17.0.4 / 19.0.0 <= 19.0.0 の複数な脆弱性 (2022 年 10 月 18 日

medium Nessus プラグイン ID 166381

概要

OpenJDK は複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされている OpenJDK は、7 <= 7u351 / 8 <= 8u342 / 11.0.0<= 11.0.16/ 13.0.0<= 13.0.12/ 15.0.0<= 15.0.8/ 17.0.0<= 17.0.4/ 19.0.0<= 19.0.0 より前です。したがって、2022-10-18 のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

注意:Java CVEには常にOpenJDKバージョンが含まれているとは限りませんが、言及されているOpenJDKセキュリティアドバイザリのパッチバージョンを使用してTenableによって個別に確認されます。

- Oracle Java SE の Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition 製品の脆弱性 (コンポーネント: セキュリティ)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Oracle Java SE:8u341、8u345-perf、11.0.16.1; Oracle GraalVM Enterprise Edition:20.3.7、21.3.3、および 22.2.0です。容易に悪用できる脆弱性により、認証されていない攻撃者が HTTPS を使用してネットワークにアクセスし、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition を侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition の部分的なサービス拒否 (部分的 DOS) が権限なしで引き起こされる可能性があります。注: この脆弱性は、通常、サンドボックス化された Java Web Start アプリケーションまたはサンドボックス化された Java アプレットを実行しているクライアントで信頼できないコード (インターネットからのコードなど) を読み込んで実行し、セキュリティを Java サンドボックスに依存する Java デプロイメントが対象です。この脆弱性は、指定されたコンポーネントで API を使用することによって (たとえば API にデータを提供する Web サービスを通して) 悪用される可能性もあります。
(CVE-2022-21626)

- Oracle Java SE の Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition 製品の脆弱性 (コンポーネント: JGSS)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Oracle Java SE:17.0.4.1、19; Oracle GraalVM Enterprise Edition:21.3.3および22.2.0です。容易に悪用できる脆弱性により、認証されていない攻撃者が Kerberos を使用してネットワークにアクセスし、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition を侵害する可能性があります。
この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition がアクセスできるデータの一部に権限なしで更新アクセス、挿入アクセス、または削除アクセスが行われる可能性があります。注: この脆弱性は、通常、サンドボックス化された Java Web Start アプリケーションまたはサンドボックス化された Java アプレットを実行しているクライアントで信頼できないコード (インターネットからのコードなど) を読み込んで実行し、セキュリティを Java サンドボックスに依存する Java デプロイメントが対象です。この脆弱性は、指定されたコンポーネントで API を使用することによって (たとえば API にデータを提供する Web サービスを通して) 悪用される可能性もあります。(CVE-2022-21618)

- Oracle Java SE の Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition 製品の脆弱性 (コンポーネント: 軽量HTTPサーバー)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Oracle Java SE:8u341、8u345-perf、11.0.16.1、17.0.4.1、19; Oracle GraalVM Enterprise Edition:20.3.7、21.3.3、および 22.2.0です。容易に悪用できる脆弱性により、認証されていない攻撃者が HTTP を使用してネットワークにアクセスし、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition を侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition の部分的なサービス拒否 (部分的 DOS) が権限なしで引き起こされる可能性があります。注: この脆弱性は、通常、サンドボックス化された Java Web Start アプリケーションまたはサンドボックス化された Java アプレットを実行しているクライアントで信頼できないコード (インターネットからのコードなど) を読み込んで実行し、セキュリティを Java サンドボックスに依存する Java デプロイメントが対象です。この脆弱性は、通常サーバーで信頼できるコード (管理者がインストールしたコードなど) のみを読み込んで実行する Java デプロイメントを対象としていません。(CVE-2022-21628)

- Oracle Java SE の Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition 製品の脆弱性 (コンポーネント: ネットワーキング)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Oracle Java SE:11.0.16.1、17.0.4.1、19;
Oracle GraalVM Enterprise Edition:20.3.7、21.3.3、および 22.2.0です。悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者が HTTP を使用してネットワークにアクセスし、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition を侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition がアクセスできるデータの一部に権限なしで更新アクセス、挿入アクセス、または削除アクセスが行われる可能性があります。注: この脆弱性は、通常、サンドボックス化された Java Web Start アプリケーションまたはサンドボックス化された Java アプレットを実行しているクライアントで信頼できないコード (インターネットからのコードなど) を読み込んで実行し、セキュリティを Java サンドボックスに依存する Java デプロイメントが対象です。この脆弱性は、通常サーバーで信頼できるコード (管理者がインストールしたコードなど) のみを読み込んで実行する Java デプロイメントを対象としていません。(CVE-2022-39399)

- Oracle Java SE の Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition 製品の脆弱性 (コンポーネント: セキュリティ)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Oracle Java SE:8u341、8u345-perf、11.0.16.1、17.0.4.1、19; Oracle GraalVM Enterprise Edition:20.3.7、21.3.3、および 22.2.0です。悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition を侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition がアクセスできるデータの一部に権限なしで更新アクセス、挿入アクセス、または削除アクセスが行われる可能性があります。注: この脆弱性は、通常、サンドボックス化された Java Web Start アプリケーションまたはサンドボックス化された Java アプレットを実行しているクライアントで信頼できないコード (インターネットからのコードなど) を読み込んで実行し、セキュリティを Java サンドボックスに依存する Java デプロイメントが対象です。この脆弱性は、指定されたコンポーネントで API を使用することによって (たとえば API にデータを提供する Web サービスを通して) 悪用される可能性もあります。(CVE-2022-21619)

- Oracle Java SE の Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition 製品の脆弱性 (コンポーネント: JNDI)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Oracle Java SE:8u341、8u345-perf、11.0.16.1、17.0.4.1、19; Oracle GraalVM Enterprise Edition:20.3.7、21.3.3、および 22.2.0です。悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition を侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition がアクセスできるデータの一部に権限なしで更新アクセス、挿入アクセス、または削除アクセスが行われる可能性があります。注: この脆弱性は、通常、サンドボックス化された Java Web Start アプリケーションまたはサンドボックス化された Java アプレットを実行しているクライアントで信頼できないコード (インターネットからのコードなど) を読み込んで実行し、セキュリティを Java サンドボックスに依存する Java デプロイメントが対象です。この脆弱性は、指定されたコンポーネントで API を使用することによって (たとえば API にデータを提供する Web サービスを通して) 悪用される可能性もあります。(CVE-2022-21624)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

OpenJDK バージョン 7u351 / 8u342 / 11.0.16/ 13.0.12/ 15.0.8/ 17.0.4/ 19.0.0 より後にアップグレードしてください

関連情報

https://openjdk.java.net/groups/vulnerability/advisories/2022-10-18

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 166381

ファイル名: openjdk_2022-10-18.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: windows, macosx, unix

ファミリー: Misc.

公開日: 2022/10/21

更新日: 2022/12/30

構成: 徹底的なチェックを有効にする

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 2.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-21618

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.3

Temporal Score: 4.6

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:L/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:openjdk

必要な KB アイテム: installed_sw/Java

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/10/18

脆弱性公開日: 2022/10/17

参照情報

CVE: CVE-2022-21618, CVE-2022-21619, CVE-2022-21624, CVE-2022-21626, CVE-2022-21628, CVE-2022-39399