CentOS 8:mysql: 8.0 (CESA-2022: 7119)

high Nessus プラグイン ID 166460

概要

リモートのCentOSホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムが欠落しています。

説明

リモートの CentOS Linux 8 ホストにインストールされているパッケージは、CESA-2022: 7119 アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- mysql: サーバー : DML の詳細不明な脆弱性 (CPU 2021 年 10 月) (CVE-2021-2478、CVE-2021-2479、CVE-2021-35591、CVE-2021-35607)

- mysql: サーバー : オプティマイザーの詳細不明な脆弱性 (CPU 2021 年 10 月) (CVE-2021-2481、CVE-2021-35575、CVE-2021-35577、CVE-2021-35610、CVE-2021-35612、CVE-2021-35626、CVE-2021-35627、CVE-2021-35628、CVE-2021-35634、CVE-2021-35635、CVE-2021-35636、CVE-2021-35638、CVE-2021-35641、CVE-2021-35642、CVE-2021-35643、CVE-2021-35644、CVE-2021-35645、CVE-2021-35646、CVE-2021-35647)

- mysql: サーバー : レプリケーションの詳細不明な脆弱性 (CPU 2021 年 10 月) (CVE-2021-35546)

- mysql: サーバー : 詳細不明な脆弱性に対処する際のエラー処理 (CPU 2021 年 10 月) (CVE-2021-35596)

- mysql: C API の詳細不明な脆弱性 (CPU 2021 年 10 月) (CVE-2021-35597)

- mysql: サーバー : オプションの詳細不明な脆弱性 (CPU 2021 年 10 月) (CVE-2021-35602、CVE-2021-35630)

- mysql: InnoDB の詳細不明な脆弱性 (CPU 2021 年 10 月) (CVE-2021-35604)

- mysql: サーバー : グループレプリケーションプラグインの詳細不明な脆弱性 (CPU 2021 年 10 月) (CVE-2021-35608)

- mysql: サーバー: セキュリティ:暗号化の詳細不明な脆弱性 (CPU 2021 年 10 月) (CVE-2021-35622)

- mysql: サーバー: セキュリティ:ロールの詳細不明な脆弱性 (CPU 2021 年 10 月) (CVE-2021-35623)

- mysql: サーバー: セキュリティ:権限の詳細不明な脆弱性 (CPU 2021 年 10 月) (CVE-2021-35624、CVE-2021-35625)

- mysql: サーバー : GIS の詳細不明な脆弱性 (CPU 2021 年 10 月) (CVE-2021-35631)

- mysql: サーバー : Data Dictionary の詳細不明な脆弱性 (CPU 2021 年 10 月) (CVE-2021-35632)

- mysql: サーバー : ロギングの詳細不明な脆弱性 (CPU 2021 年 10 月) (CVE-2021-35633)

- mysql: サーバー : PS の詳細不明な脆弱性 (CPU 2021 年 10 月) (CVE-2021-35637)

- mysql: サーバー : ストアドプロシージャの詳細不明な脆弱性 (CPU 2021 年 10 月) (CVE-2021-35639)

- mysql: サーバー : DDL の詳細不明な脆弱性 (CPU 2021 年 10 月) (CVE-2021-35640)

- mysql: サーバー : FTS の詳細不明な脆弱性 (CPU 2021 年 10 月) (CVE-2021-35648)

- mysql: サーバー: セキュリティ:権限の詳細不明な脆弱性 (CPU 2022 年 1 月) (CVE-2022-21245)

- mysql: サーバー : DDL の詳細不明な脆弱性 (CPU 2022 年 1 月) (CVE-2022-21249)

- mysql: サーバー : オプティマイザーの詳細不明な脆弱性 (CPU 2022 年 1 月) (CVE-2022-21253、CVE-2022-21254、CVE-2022-21264、CVE-2022-21265、CVE-2022-21278、CVE-2022-21297、CVE-2022-21339、CVE-2022-21342、CVE-2022-21351、CVE-2022-21370、CVE-2022-21378)

- mysql: サーバー : グループレプリケーションプラグインの詳細不明な脆弱性 (CPU 2022 年 1 月) (CVE-2022-21256、CVE-2022-21379)

- mysql: サーバー : Federated の詳細不明な脆弱性 (CPU 2022 年 1 月) (CVE-2022-21270)

- mysql: サーバー : DML の詳細不明な脆弱性 (CPU 2022 年 1 月) (CVE-2022-21301)

- mysql: InnoDB の詳細不明な脆弱性 (CPU 2022 年 1 月) (CVE-2022-21302、CVE-2022-21348、CVE-2022-21352)

- mysql: サーバー : ストアドプロシージャの詳細不明な脆弱性 (CPU 2022 年 1 月) (CVE-2022-21303)

- mysql: サーバー : パーサーの詳細不明の脆弱性 (CPU 2022 年 1 月) (CVE-2022-21304)

- mysql: サーバー : レプリケーションの詳細不明な脆弱性 (CPU 2022 年 1 月) (CVE-2022-21344)

- mysql: サーバー: セキュリティ:暗号化の詳細不明な脆弱性 (CPU 2022 年 1 月) (CVE-2022-21358、CVE-2022-21372)

- mysql: サーバー : 情報スキーマの詳細不明な脆弱性 (CPU 2022 年 1 月) (CVE-2022-21362、CVE-2022-21374)

- mysql: サーバー : コンパイリングの詳細不明な脆弱性 (CPU 2022 年 1 月) (CVE-2022-21367)

- mysql: サーバー : コンポーネントサービスの詳細不明な脆弱性 (CPU 2022 年 1 月) (CVE-2022-21368)

- mysql: サーバー : オプティマイザーの詳細不明な脆弱性 (CPU 2022 年 4 月) (CVE-2022-21412、CVE-2022-21414、CVE-2022-21435、CVE-2022-21436、CVE-2022-21437、CVE-2022-21438、CVE-2022-21440、CVE-2022-21452、CVE-2022-21459、CVE-2022-21462、CVE-2022-21478、CVE-2022-21479)

- mysql: サーバー : DML の詳細不明な脆弱性 (CPU 2022 年 4 月) (CVE-2022-21413)

- mysql: サーバー : レプリケーションの詳細不明な脆弱性 (CPU 2022 年 4 月) (CVE-2022-21415)

- mysql: InnoDB の詳細不明な脆弱性 (CPU 2022 年 4 月) (CVE-2022-21417、CVE-2022-21418、CVE-2022-21423、CVE-2022-21451)

- mysql: サーバー : DDL の詳細不明な脆弱性 (CPU 2022 年 4 月) (CVE-2022-21425、CVE-2022-21444)

- mysql: サーバー : FTS の詳細不明な脆弱性 (CPU 2022 年 4 月) (CVE-2022-21427)

- mysql: サーバー : グループレプリケーションプラグインの詳細不明な脆弱性 (CPU 2022 年 4 月) (CVE-2022-21454)

- mysql: サーバー : PAM Auth プラグインの詳細不明の脆弱性 (CPU 2022 年 4 月) (CVE-2022-21457)

- mysql: サーバー : ロギングの詳細不明な脆弱性 (CPU 2022 年 4 月) (CVE-2022-21460)

- mysql: サーバー:Optimizer 詳細不明の脆弱性 (CPU 2022 年 7 月) (CVE-2022-21509, CVE-2022-21525, CVE-2022-21526, CVE-2022-21527, CVE-2022-21528, CVE-2022-21529, CVE-2022-21530, CVE-2022-21531, CVE-2022-21553, CVE-2022-21569)

- mysql: サーバー : オプションの詳細不明な脆弱性 (CPU 2022 年 7 月) (CVE-2022-21515)

- mysql: InnoDB の詳細不明な脆弱性 (CPU 2022 年 7 月) (CVE-2022-21517、CVE-2022-21537、CVE-2022-21539)

- mysql: サーバー : ストアドプロシージャの詳細不明な脆弱性 (CPU 2022 年 7 月) (CVE-2022-21522、CVE-2022-21534)

- mysql: サーバー: セキュリティ:暗号化の詳細不明な脆弱性 (CPU 2022 年 1 月) (CVE-2022-21538)

- mysql: サーバー : Federated の詳細不明な脆弱性 (CPU 2022 年 7 月) (CVE-2022-21547)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受ける mecab-ipadic や mecab-ipadic-EUCJP パッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2022:7119

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 166460

ファイル名: centos8_RHSA-2022-7119.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/10/25

更新日: 2022/11/15

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.5

Temporal Score: 4.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-21368

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 6.3

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:H/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-21600

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:centos:centos:8, p-cpe:/a:centos:centos:mecab-ipadic, p-cpe:/a:centos:centos:mecab-ipadic-EUCJP

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/CentOS/release, Host/CentOS/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/10/25

脆弱性公開日: 2021/10/19

参照情報

CVE: CVE-2021-2478, CVE-2021-2479, CVE-2021-2481, CVE-2021-35546, CVE-2021-35575, CVE-2021-35577, CVE-2021-35591, CVE-2021-35596, CVE-2021-35597, CVE-2021-35602, CVE-2021-35604, CVE-2021-35607, CVE-2021-35608, CVE-2021-35610, CVE-2021-35612, CVE-2021-35622, CVE-2021-35623, CVE-2021-35624, CVE-2021-35625, CVE-2021-35626, CVE-2021-35627, CVE-2021-35628, CVE-2021-35630, CVE-2021-35631, CVE-2021-35632, CVE-2021-35633, CVE-2021-35634, CVE-2021-35635, CVE-2021-35636, CVE-2021-35637, CVE-2021-35638, CVE-2021-35639, CVE-2021-35640, CVE-2021-35641, CVE-2021-35642, CVE-2021-35643, CVE-2021-35644, CVE-2021-35645, CVE-2021-35646, CVE-2021-35647, CVE-2021-35648, CVE-2022-21245, CVE-2022-21249, CVE-2022-21253, CVE-2022-21254, CVE-2022-21256, CVE-2022-21264, CVE-2022-21265, CVE-2022-21270, CVE-2022-21278, CVE-2022-21297, CVE-2022-21301, CVE-2022-21302, CVE-2022-21303, CVE-2022-21304, CVE-2022-21339, CVE-2022-21342, CVE-2022-21344, CVE-2022-21348, CVE-2022-21351, CVE-2022-21352, CVE-2022-21358, CVE-2022-21362, CVE-2022-21367, CVE-2022-21368, CVE-2022-21370, CVE-2022-21372, CVE-2022-21374, CVE-2022-21378, CVE-2022-21379, CVE-2022-21412, CVE-2022-21413, CVE-2022-21414, CVE-2022-21415, CVE-2022-21417, CVE-2022-21418, CVE-2022-21423, CVE-2022-21425, CVE-2022-21427, CVE-2022-21435, CVE-2022-21436, CVE-2022-21437, CVE-2022-21438, CVE-2022-21440, CVE-2022-21444, CVE-2022-21451, CVE-2022-21452, CVE-2022-21454, CVE-2022-21455, CVE-2022-21457, CVE-2022-21459, CVE-2022-21460, CVE-2022-21462, CVE-2022-21478, CVE-2022-21479, CVE-2022-21509, CVE-2022-21515, CVE-2022-21517, CVE-2022-21522, CVE-2022-21525, CVE-2022-21526, CVE-2022-21527, CVE-2022-21528, CVE-2022-21529, CVE-2022-21530, CVE-2022-21531, CVE-2022-21534, CVE-2022-21537, CVE-2022-21538, CVE-2022-21539, CVE-2022-21547, CVE-2022-21553, CVE-2022-21556, CVE-2022-21569, CVE-2022-21592, CVE-2022-21595, CVE-2022-21600, CVE-2022-21605, CVE-2022-21607, CVE-2022-21635, CVE-2022-21638, CVE-2022-21641

RHSA: 2022:7119