Tenable Nessus 10.x < 10.3.1の複数の脆弱性 (TNS-2022-20)

critical Nessus プラグイン ID 166600

概要

リモートホストで実行されている Tenable Nessus は、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

自己報告されたバージョンによると、リモートホストで実行されているTenable Nessusアプリケーションは、10.3.1より前の10.xです。そのため、以下を含む複数の脆弱性による影響を受けます:

- libexpat の xmlparse.c の doContent 関数におけるメモリ解放後使用 (Use After Free) の脆弱性。(CVE-2022-40674)

- Moment.js のロケール文字列処理機能におけるパストラバーサルの脆弱性。(CVE-2022-24785)

- Moment.js の string-to-date 解析機能におけるサービス拒否の脆弱性 (CVE-2022-31129)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Tenable Nessusバージョン10.3.1以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.tenable.com/security/tns-2022-20

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 166600

ファイル名: nessus_TNS-2022-20.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: remote

ファミリー: Misc.

公開日: 2022/10/27

更新日: 2022/10/28

構成: 徹底的なチェックを有効にする

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.9

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-28458

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:tenable:nessus

必要な KB アイテム: installed_sw/nessus

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2022/10/26

脆弱性公開日: 2022/10/26

参照情報

CVE: CVE-2020-28458, CVE-2021-23445, CVE-2022-2309, CVE-2022-23308, CVE-2022-24785, CVE-2022-29824, CVE-2022-31129, CVE-2022-37434, CVE-2022-40674