VMware NSX for vSphere (NSX-v) < 6.4.14 の複数の脆弱性 (VMSA-2022-0027)

critical Nessus プラグイン ID 166697

概要

リモートホストにインストールされている仮想化管理アプリケーションは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされている NSX for vSphere (NSX-V) のバージョンは、6.4.14 より前です。そのため、以下を含む複数の脆弱性による影響を受けます:

- VMware Cloud Foundation には、XStream オープンソースライブラリを介したリモートコードの実行の脆弱性が含まれています。
(CVE-2021-39144)
- VMware Cloud Foundation には、XML 外部エンティティ (XXE) の脆弱性があります。(CVE-2022-31678)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。Nessus は回避策の有無もテストしていません。

ソリューション

VMware NSX for vSphere (NSX-V) 6.4.14 またはそれ以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.vmware.com/security/advisories/VMSA-2022-0027.html

https://kb.vmware.com/s/article/89809

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 166697

ファイル名: vmware_nsx_for_vsphere_6_4_14.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: remote

ファミリー: Misc.

公開日: 2022/10/28

更新日: 2023/1/23

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 10

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:S/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-39144

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.1

Temporal Score: 8.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:H

現状ベクトル: E:F/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-31678

脆弱性情報

CPE: x-cpe:/h:vmware:nsx-v, x-cpe:/h:vmware:nsx_for_vsphere

必要な KB アイテム: installed_sw/VMware NSX for vSphere (NSX-v)

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2022/10/25

脆弱性公開日: 2022/10/25

エクスプロイト可能

Core Impact

Metasploit (VMware NSX Manager XStream unauthenticated RCE)

参照情報

CVE: CVE-2021-39144, CVE-2022-31678

IAVA: 2022-A-0445

CEA-ID: CEA-2022-0035