OpenSSL 3.0.0< 3.0.7複数の脆弱性

high Nessus プラグイン ID 166773

概要

リモートサービスは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされている OpenSSL は、3.0.7 より前のバージョンです。したがって、3.0.7 のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- X.509 証明書の検証、特に名前の制約のチェックで、バッファオーバーランが発生する可能性があります。これは証明書チェーン署名の検証後に発生し、信頼できる発行者へのパスを構築できないにもかかわらず、CA が悪意のある証明書に署名するか、アプリケーションが証明書の検証を続行する必要があることに注意してください。攻撃者は、証明書の悪意のあるメールアドレスを細工し、スタック上の「。」文字 (10 進数の 46) を含む任意のバイト数をオーバーフローさせる可能性があります。このバッファオーバーフローにより、クラッシュが発生する可能性があります (サービス拒否が引き起こされます)。TLS クライアントでは、悪意のあるサーバーに接続することでこれが発生する可能性があります。TLS サーバーでは、サーバーがクライアント認証をリクエストし、悪意のあるクライアントが接続すると、これが発生する可能性があります。(CVE-2022-3786)

- X.509 証明書の検証、特に名前の制約のチェックで、バッファオーバーランが発生する可能性があります。これは証明書チェーン署名の検証後に発生し、信頼できる発行者へのパスを構築できないにもかかわらず、CA が悪意のある証明書に署名するか、アプリケーションが証明書の検証を続行する必要があることに注意してください。攻撃者は、悪意のあるメールアドレスを細工して、攻撃者が制御する 4 バイトをスタックでオーバーフローさせる可能性があります。このバッファオーバーフローにより、クラッシュが発生したり (サービス拒否が引き起こされます)、リモートコード実行が発生したりする可能性があります。多くのプラットフォームは、リモートコード実行のリスクを軽減するスタックオーバーフロー保護を実装しています。任意のプラットフォーム / コンパイラのスタックレイアウトに基づいて、リスクがさらに緩和される可能性があります。CVE-2022-3602 のプレアナウンスでは、この問題を「重要度最高」と説明しています。上記の緩和要因のいくつかに基づくさらなる分析により、これは「重要度高」にダウングレードされています。ユーザーには、依然として新しいバージョンへ至急アップグレードすることが推奨されています。TLS クライアントでは、悪意のあるサーバーに接続することでこれが発生する可能性があります。
TLS サーバーでは、サーバーがクライアント認証をリクエストし、悪意のあるクライアントが接続すると、これが発生する可能性があります。(CVE-2022-3602)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

OpenSSLのバージョン3.0.7以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.openssl.org/news/secadv/20221101.txt

http://www.nessus.org/u?a438010d

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 166773

ファイル名: openssl_3_0_7.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: remote

ファミリー: Web Servers

公開日: 2022/11/1

更新日: 2022/12/15

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.2

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 5.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-3786

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:openssl:openssl

必要な KB アイテム: openssl/port

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/11/1

脆弱性公開日: 2022/11/1

参照情報

CVE: CVE-2022-3602, CVE-2022-3786

IAVA: 2022-A-0452-S

CEA-ID: CEA-2022-0036