Pulse Secure Desktop Client < 9.1R16 クライアント側の非同期化 (SA45476)

medium Nessus プラグイン ID 166980

概要

リモートホストにインストールされている VPN クライアントは、クライアント側の非同期化の脆弱性による影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされている Pulse Secure Desktop Client は、9.1R16以前です。したがって、クライアント側の http リクエストスマグリングの影響を受けます。アプリケーションが POST リクエストを受信すると、リクエストの Content-Length ヘッダーを無視し、POST 本文を TCP / TLS ソケットに残します。この本文は、その接続で送信された次の HTTP リクエストのプレフィックスになります。これは、誰かが Web サイトをロードしたときに、攻撃者がブラウザにアプリケーションへの POST を発行させ、XSS を有効化させる可能性があることを意味します。

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Pulse Secure Desktop Client 9.1R16 以降のバージョンにアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?da57d3b2

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 166980

ファイル名: pulse_secure_desktop_client_SA45476.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2022/11/4

更新日: 2023/1/23

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.5

Temporal Score: 4.1

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:S/C:P/I:P/A:N

現状ベクトル: CVSS2#E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-21826

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.4

Temporal Score: 4.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:R/S:C/C:L/I:L/A:N

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:a:pulsesecure:pulse_secure_desktop_client:*:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: installed_sw/Pulse Connect Secure

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/9/28

脆弱性公開日: 2022/9/28

参照情報

CVE: CVE-2022-21826

IAVA: 2022-A-0459