Amazon Linux 2022 : (ALAS2022-2022-171)

high Nessus プラグイン ID 167002

概要

リモートの Amazon Linux 2022 ホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

したがって、ALAS2022-2022-171 のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- ALPACA は、異なるプロトコルを実装しているが、マルチドメイン証明書やワイルドカード証明書などの互換性のある証明書を使用している TLS サーバーを悪用する、アプリケーションレイヤープロトコルのコンテンツ混乱攻撃です。TCP / IP レイヤーで被害者のトラフィックにアクセスできる MiTM 攻撃者が、トラフィックをあるサブドメインから別のサブドメインにリダイレクトし、有効な TLS セッションを引き起こす可能性があります。これにより、TLS の認証が破られ、クロスプロトコル攻撃が発生する可能性があります。これにより、1 つのプロトコルサービスの動作が、アプリケーション層で他のサービスを侵害する可能性があります。(CVE-2021-3618)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

「dnf update sendmail --releasever=2022.0.20221102」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2021-3618.html

https://alas.aws.amazon.com/AL2022/ALAS-2022-171.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 167002

ファイル名: al2022_ALAS2022-2022-171.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/11/4

更新日: 2022/11/4

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.8

Temporal Score: 4.3

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:N

現状ベクトル: CVSS2#E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-3618

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.4

Temporal Score: 6.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:N

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:o:amazon:linux:2022:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:amazon:linux:sendmail:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:amazon:linux:sendmail-cf:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:amazon:linux:sendmail-debuginfo:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:amazon:linux:sendmail-debugsource:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:amazon:linux:sendmail-doc:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:amazon:linux:sendmail-milter:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:amazon:linux:sendmail-milter-debuginfo:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:amazon:linux:sendmail-milter-devel:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/11/1

脆弱性公開日: 2021/10/25

参照情報

CVE: CVE-2021-3618