Amazon Linux 2022 : (ALAS2022-2022-185)

high Nessus プラグイン ID 167017

概要

リモートの Amazon Linux 2022 ホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

したがって、ALAS2022-2022-185 のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- Linux カーネルに欠陥が見つかりました。既存の KVM SEV API にある脆弱性により、root (ホスト) ではないユーザーレベルのアプリケーションが、Secure Encrypted Virtualization (SEV) をサポートする AMD CPU で機密ゲスト VM インスタンスを作成することで、ホストカーネルをクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2022-0171)

- Linux カーネルのファイルシステムサブコンポーネントの fs/ext4/namei.c: dx_insert_block() にメモリ解放後使用 (Use After Free) の欠陥が見つかりました。この欠陥により、ユーザー権限を持つローカルの攻撃者がサービス拒否を引き起こす可能性があります。
(CVE-2022-1184)

- Linux カーネルの TeleTYpe サブシステムに、領域外読み取りの欠陥が見つかりました。この問題は、ユーザーが ioctl の TIOCSPTLCK および TIOCGPTPEER、TIOCSTI および TCXONC を使用して、flush_to_ldisc 関数でメモリの漏洩を引き起こし、競合状態をトリガーする方法で発生します。この欠陥により、ローカルユーザーがシステムをクラッシュさせたり、権限のないランダムデータをメモリから読み取ったりする可能性があります。(CVE-2022-1462)

- Linux カーネルの Atheros ワイヤレスアダプタードライバーに、ユーザーが ath9k_htc_wait_for_target 関数を強制的に入力メッセージで失敗させる方法で、メモリ解放後使用 (Use-After-Free) の欠陥が見つかりました。この欠陥によりローカルユーザーがクラッシュさせたり、システムで自分の権限を昇格させたりする可能性があります。(CVE-2022-1679)

- シャドウページングが有効な場合、INVPCID 命令により kvm_mmu_invpcid_gva が呼び出されます。INVPCID が CR0.PG = 0 で実行される場合、invlpg コールバックは設定されず、結果は NULL ポインターデリファレンスになります。
(CVE-2022-1789)

- Linux カーネルの KVM モジュールに NULL ポインターデリファレンスの欠陥が見つかりました。これにより、arch/x86/kvm/emulate.c の x86_emulate_insn でサービス拒否が発生する可能性があります。この欠陥は、Intel CPU のゲストで不正な命令を実行する際に発生します。(CVE-2022-1852)

- NTFS ジャーナルの fs/ntfs3/fslog.c の log_replay の Linux カーネルで、メモリ解放後使用 (Use After Free) の欠陥が見つかりました。
この欠陥により、ローカルの攻撃者がシステムをクラッシュさせたり、カーネル情報の漏洩問題を引き起こしたりする可能性があります。
(CVE-2022-1973)

- Linux カーネルの nft_set_desc_concat_parse() 関数に脆弱性が見つかりました。この欠陥により、攻撃者が nft_set_desc_concat_parse() を介してバッファオーバーフローをトリガーし、サービス拒否を引き起こしてコードを実行する可能性があります。(CVE-2022-2078)

- 一部の Intel(R) プロセッサーのクリーンアップが不完全なため、認証されたユーザーがローカルアクセスを介して情報漏洩を引き起こす可能性があります。(CVE-2022-21123)

- 一部の Intel(R) プロセッサーのマイクロ アーキテクチャ フィル バッファのクリーンアップが不完全なため、認証されたユーザーがローカル アクセスを介して情報漏洩を引き起こす可能性があります。(CVE-2022-21125)

- 一部の Intel(R) プロセッサーでは、特定の特殊レジスタ書き込み操作のクリーンアップが不完全なために、認証されたユーザーがローカルアクセスを介して情報漏洩を引き起こす可能性があります。(CVE-2022-21166)

- ブランチプレディクタのエイリアスにより、一部の AMD プロセッサーが誤ったブランチタイプを予測し、情報漏洩を引き起こす可能性があります。(CVE-2022-23825)

- Linux disk/nic フロントエンドのデータ漏洩。この CNA 情報レコードは複数の CVE に関連しています。テキストはどの側面/脆弱性がどの CVE に対応するかについて説明しています。Linux Block および Network PV デバイスのフロントエンドは、バックエンドと共有する前にメモリ領域をゼロにしません (CVE-2022-26365、CVE-2022-33740)。
さらに、許可テーブルの粒度が 4K ページ未満の共有を許可しないため、バックエンドと共有されているデータと同じ 4K ページにある関連のないデータが、そのようなバックエンドからアクセス可能になります (CVE-2022-33741、CVE-2022-33742)。(CVE-2022-26365、CVE-2022-33740、CVE-2022-33741、CVE-2022-33742)

- 一部の Intel(R) プロセッサーでコンテキスト間のリターン予測ターゲットを非透過で共有すると、承認されたユーザーがローカルアクセスを介して情報漏洩を引き起こす可能性があります。(CVE-2022-26373)

- nf_conntrack_irc の Linux カーネルで、メッセージ処理が混乱し、メッセージが不適切に一致する可能性がある問題が見つかりました。ユーザーが nf_conntrack_irc を構成して暗号化されていない IRC を使用している場合、ファイアウォールがバイパスされる可能性があります。(CVE-2022-2663)

- ユーザーがマップの max_entries より大きいキーで bpf_tail_call 関数を呼び出す方法で、Linux カーネルの BPF サブシステムに領域外メモリ読み取りの欠陥が見つかりました。この欠陥によりローカルユーザーはデータへの承認されていないアクセス権を取得することが可能です。(CVE-2022-2905)

- 戻り命令に対する誤ってトレーニングされた分岐予測により、特定のマイクロアーキテクチャ依存の条件下で、任意の投機的コードが実行される可能性があります。(CVE-2022-29900)

- Intel マイクロプロセッサー第 6 世代から第 8 世代は、新しい Spectre バリアントの影響を受け、カーネルでの retpoline 緩和策をバイパスし、任意のデータを漏洩することが可能です。権限のないユーザーアクセス権を持つ攻撃者が、リターン命令をハイジャックして、特定のマイクロアーキテクチャ依存の条件下で、任意の投機的コードを実行する可能性があります。(CVE-2022-29901)

- xfrm_probe_algs への複数の呼び出しが同時に発生すると、パケット (XFRM サブシステム) を変換するための競合状態が Linux カーネルの IP フレームワークで見つかりました。この欠陥により、ローカルの攻撃者が領域外読み取りを実行し、それをソケットにコピーすることで、領域外書き込みをトリガーしたり、カーネルヒープメモリを漏洩したりする可能性があります。(

ソリューション

「dnf update kernel --releasever=2022.0.20221102」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/AL2022/ALAS-2022-185.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-0171.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-1184.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-1462.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-1679.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-1789.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-1852.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-1966.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-1972.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-1973.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-2078.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-21123.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-21125.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-21166.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-21505.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-23816.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-23825.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-2585.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-2586.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-2588.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-26365.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-26373.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-2663.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-28693.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-2905.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-29900.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-29901.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-3028.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-3061.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-3176.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-32250.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-32981.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-3303.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-33740.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-33741.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-33742.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-33743.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-34494.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-34495.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-34918.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-36123.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-36879.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-36946.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-39189.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-39190.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-39842.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-40307.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 167017

ファイル名: al2022_ALAS2022-2022-185.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/11/5

更新日: 2023/1/12

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.8

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 6.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-34918

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 8.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-27223

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:bpftool, p-cpe:/a:amazon:linux:bpftool-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-debuginfo-common-aarch64, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-debuginfo-common-x86_64, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-headers, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-libbpf, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-libbpf-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-libbpf-static, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-livepatch-5.15.73-45.135, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-tools, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-tools-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-tools-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:perf, p-cpe:/a:amazon:linux:perf-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:python3-perf, p-cpe:/a:amazon:linux:python3-perf-debuginfo, cpe:/o:amazon:linux:2022

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2022/11/1

脆弱性公開日: 2022/5/16

CISAの既知の悪用日: 2022/5/16

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Core Impact

Metasploit (Netfilter nft_set_elem_init Heap Overflow Privilege Escalation)

参照情報

CVE: CVE-2021-26341, CVE-2021-26401, CVE-2022-0001, CVE-2022-0002, CVE-2022-0171, CVE-2022-0185, CVE-2022-0492, CVE-2022-0494, CVE-2022-0500, CVE-2022-0742, CVE-2022-0847, CVE-2022-0854, CVE-2022-1015, CVE-2022-1016, CVE-2022-1055, CVE-2022-1158, CVE-2022-1184, CVE-2022-1199, CVE-2022-1263, CVE-2022-1353, CVE-2022-1462, CVE-2022-1679, CVE-2022-1729, CVE-2022-1789, CVE-2022-1852, CVE-2022-1966, CVE-2022-1972, CVE-2022-1973, CVE-2022-2078, CVE-2022-2585, CVE-2022-2586, CVE-2022-2588, CVE-2022-2602, CVE-2022-2663, CVE-2022-2905, CVE-2022-3028, CVE-2022-3061, CVE-2022-3176, CVE-2022-3303, CVE-2022-21123, CVE-2022-21125, CVE-2022-21166, CVE-2022-21505, CVE-2022-23222, CVE-2022-23816, CVE-2022-23825, CVE-2022-23960, CVE-2022-24958, CVE-2022-25636, CVE-2022-26365, CVE-2022-26373, CVE-2022-27223, CVE-2022-28693, CVE-2022-28893, CVE-2022-29156, CVE-2022-29581, CVE-2022-29582, CVE-2022-29900, CVE-2022-29901, CVE-2022-30594, CVE-2022-32250, CVE-2022-32981, CVE-2022-33740, CVE-2022-33741, CVE-2022-33742, CVE-2022-33743, CVE-2022-34494, CVE-2022-34495, CVE-2022-34918, CVE-2022-36123, CVE-2022-36879, CVE-2022-36946, CVE-2022-39188, CVE-2022-39189, CVE-2022-39190, CVE-2022-39842, CVE-2022-40307

CEA-ID: CEA-2022-0026