F5 Networks BIG-IP:OpenSSH の脆弱性 (K21350967)

medium Nessus プラグイン ID 167058

概要

リモートデバイスに、ベンダーが提供したセキュリティパッチがありません。

説明

リモートホストにインストールされている F5 Networks BIG-IP のバージョンは、テストバージョンです。したがって、K21350967 のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- OpenSSH 7.9 で問題が見つかりました。scpの実装は1983年に公開されたrcpコードから派生しているため、クライアントに送信するファイルやディレクトリをサーバーが選択します。ところが、scpクライアントは返されたオブジェクト名の大まかな検証のみを実行します(ディレクトリトラバーサル攻撃のみが防止されます)。悪意のあるscpサーバー(または中間にいる攻撃者)がscpクライアントのターゲットディレクトリにある任意のファイルを上書きする可能性があります。再帰的な操作 (-r) が実行された場合、サーバーはサブディレクトリも操作する可能性があります (.ssh/authorized_keys ファイルを上書きするなど)。(CVE-2019-6111)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

F5 Solution K21350967 に記載されている脆弱ではないバージョンのいずれかにアップグレードしてください。

関連情報

https://support.f5.com/csp/article/K21350967

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 167058

ファイル名: f5_bigip_SOL21350967.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

公開日: 2022/11/8

更新日: 2022/11/8

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.1

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.8

Temporal Score: 4.5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-6111

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.9

Temporal Score: 5.3

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:H/A:N

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:f5:big-ip_access_policy_manager, cpe:/a:f5:big-ip_advanced_firewall_manager, cpe:/a:f5:big-ip_application_acceleration_manager, cpe:/a:f5:big-ip_application_security_manager, cpe:/a:f5:big-ip_application_visibility_and_reporting, cpe:/a:f5:big-ip_domain_name_system, cpe:/a:f5:big-ip_global_traffic_manager, cpe:/a:f5:big-ip_local_traffic_manager, cpe:/h:f5:big-ip

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/BIG-IP/hotfix, Host/BIG-IP/modules, Host/BIG-IP/version, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/1/17

脆弱性公開日: 2019/1/18

参照情報

CVE: CVE-2019-6111