KB5019959: Windows 10 バージョン 20H2 / 21H1 / 21H2 / 22H2 セキュリティ更新 (2022 年 11 月)

high Nessus プラグイン ID 167115

概要

リモートの Windows ホストは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートの Windows ホストに、セキュリティ更新プラグラム 5019959 がありません。したがって、複数の脆弱性の影響を受けます

- AMD:CVE-2022-23824 IBPB と Return Address Predictor の相互作用 (CVE-2022-23824)

- Windows グループポリシーの権限昇格の脆弱性 (CVE-2022-37992、CVE-2022-41086)

- Windows Hyper-Vのサービス拒否の脆弱性(CVE-2022-38015)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

セキュリティ更新プログラム 5019959 を適用してください

関連情報

https://support.microsoft.com/help/5019959

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 167115

ファイル名: smb_nt_ms22_nov_5019959.nasl

バージョン: 1.13

タイプ: local

エージェント: windows

公開日: 2022/11/8

更新日: 2023/1/3

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.4

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-41128

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 8.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:microsoft:windows

必要な KB アイテム: SMB/MS_Bulletin_Checks/Possible

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2022/11/8

脆弱性公開日: 2022/11/8

CISAの既知の悪用日: 2022/12/9, 2022/11/29

参照情報

CVE: CVE-2022-23824, CVE-2022-37992, CVE-2022-38015, CVE-2022-41039, CVE-2022-41045, CVE-2022-41047, CVE-2022-41048, CVE-2022-41049, CVE-2022-41050, CVE-2022-41052, CVE-2022-41053, CVE-2022-41054, CVE-2022-41055, CVE-2022-41056, CVE-2022-41057, CVE-2022-41058, CVE-2022-41073, CVE-2022-41086, CVE-2022-41088, CVE-2022-41090, CVE-2022-41091, CVE-2022-41092, CVE-2022-41093, CVE-2022-41095, CVE-2022-41096, CVE-2022-41097, CVE-2022-41098, CVE-2022-41099, CVE-2022-41100, CVE-2022-41101, CVE-2022-41102, CVE-2022-41109, CVE-2022-41113, CVE-2022-41114, CVE-2022-41118, CVE-2022-41125, CVE-2022-41128

MSKB: 5019959

MSFT: MS22-5019959

IAVA: 2022-A-0484-S, 2022-A-0473-S