Nutanix AOS: 複数の脆弱性 (NXSA-AOS-5.20.5)

critical Nessus プラグイン ID 167224

概要

Nutanix AOS ホストは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされている AOS のバージョンは、5.20.5 より前です。したがって、NXSA-AOS-5.20.5 のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- 1.2.12より前の zlib は、入力に多くの遠方の一致がある場合、デフレート (圧縮) の際にメモリ破損を引き起こす可能性があります。(CVE-2018-25032)

- hid-multitouch.c のさまざまなメソッドでは、境界チェックが欠落しているために領域外書き込みが発生する可能性があります。これにより、追加の実行権限が不要になり、ローカルで権限が昇格される可能性があります。
悪用はユーザーの操作を必要としません。製品: AndroidVersions: AndroidカーネルAndroid ID:
A-162844689References: Upstreamカーネル(CVE-2020-0465)

- eventpoll.cのdo_epoll_ctlおよびep_loop_check_procにおいて、論理エラーによるメモリ解放後使用(Use After Free)の可能性があります。これにより、追加の実行権限が不要になり、ローカルで権限が昇格される可能性があります。
悪用はユーザーの操作を必要としません。製品: AndroidVersions: AndroidカーネルAndroid ID:
A-147802478References: Upstream カーネル (CVE-2020-0466)

- OpenLDAP に欠陥が見つかりました。この欠陥により、悪意のあるパケットを送信できる攻撃者が、OpenLDAP の slapd サーバーで処理され、アサーションの失敗を引き起こす可能性があります。この脆弱性が最大の脅威となるのは、システムの可用性です。(CVE-2020-25709)

- 2.4.56より前のバージョンの OpenLDAP に欠陥が見つかりました。この欠陥により、OpenLDAP によって処理された悪意のあるパケットを送信する攻撃者が、csnNormalize23() でアサーションの失敗を強制する可能性があります。この脆弱性が最大の脅威となるのは、システムの可用性です。(CVE-2020-25710)

- Python 3.5.10以前の3.x、3.6.12以前の3.6.x、3.7.9以前の3.7.x、および3.8.5以前の3.8.xのhttp.clientでは、HTTPConnection.request.の最初の引数にCRおよびLF制御文字を挿入することで実証されているように、攻撃者がHTTPリクエストメソッドを制御すればCRLFインジェクションが可能です。(CVE-2020-26116)

- 1.25.9より前のurllib3では、攻撃者がHTTPリクエストメソッドを制御すれば、putrequest()の最初の引数にCRおよびLF制御文字を挿入することで実証されているように、CRLFインジェクションが可能です。注: これはCVE-2020-26116に類似しています。(CVE-2020-26137)

- af_unix.c の unix_scm_to_skb に、競合状態によるメモリ解放後使用 (use-after-free) のバグの可能性があります。これにより、システム実行権限が必要なローカルでの権限昇格が引き起こされる可能性があります。悪用はユーザーの操作を必要としません。製品: AndroidVersions: AndroidカーネルAndroid ID:A-196926917References:
Upstream カーネル (CVE-2021-0920)

- 3003.3 以前の SaltStack Salt で問題が見つかりました。ソースおよび source_hash URL を制御できるユーザーは、salt minion の root としてファイルシステムの完全なアクセス権を取得できます。(CVE-2021-21996)

- Python3.xから3.9.1は、_ctypes/callproc.cのPyCArg_reprのバッファオーバーフローがあります。これにより、浮動小数点を信頼できない入力として受け入れる特定のPythonアプリケーションで、リモートコード実行が引き起こされることがあります。これは、c_double.from_paramに対する1e300引数で実証されています。これは、sprintf が安全でない方法で使用されているために発生します。(CVE-2021-3177)

-ユーザーが悪意のあるHCI TTY Bluetoothデバイスをアタッチする際に、LinuxカーネルHCIデバイス初期化サブシステムに二重解放のメモリ破損の欠陥が見つかりました。ローカルユーザーがこの欠陥を使用して、システムをクラッシュする可能性があります。この欠陥は 3.13 から始まるすべての Linux カーネルバージョンに影響を与えます。(CVE-2021-3564)

- LinuxカーネルHCIサブシステムの関数hci_sock_bound_ioctl()のメモリ解放後使用 (Use After Free) が、ユーザーがioct HCIUNBLOCKADDRを呼び出す方法、またはhci_sock_blacklist_add()、hci_sock_blacklist_del()、hci_get_conn_info()、hci_get_auth_info()の呼び出しの1つとともにhci_unregister_dev()呼び出しの競合状態をトリガーする方法で見つかりました。権限のあるローカルユーザーはこの欠陥を利用して、システムをクラッシュしたり、システム上で権限を昇格したりする可能性があります。この欠陥は、5.13-rc5 より前の Linux カーネルバージョンに影響を与えます。(CVE-2021-3573)

- Linux カーネルの Bluetooth サブシステムで、ユーザーの呼び出しがソケットに接続し、競合状態により同時に切断する方法で、メモリ解放後使用 (Use-After-Free) の欠陥が見つかりました。この欠陥により、ユーザーがシステムをクラッシュさせたり、権限を昇格させたりする可能性があります。この脆弱性が最大の脅威となるのは、機密性と整合性、ならびにシステムの可用性です。(CVE-2021-3752)

- XFS ファイルシステムの XFS_IOC_ALLOCSP IOCTL でサイズが調整されていないファイルのサイズ増加が可能な方法で、データ漏洩の欠陥が見つかりました。ローカルの攻撃者がこの欠陥を利用して、アクセスできない XFS ファイルシステムのデータを漏洩する可能性があります。(CVE-2021-4155)

- 2.4.3 より前の Expat (別名: libexpat) では、xmlparse.c の storeAtts 関数で 29 (またはそれ以上) の左シフトを行うと、realloc の挙動がおかしくなります (例 : 割り当てバイト数が少なすぎたり、メモリを解放したりするだけになってしまう)。
(CVE-2021-45960)

- 2.4.3以前の Expat (別名 : libexpat) の xmlparse.c の doProlog で、m_groupSize に整数オーバーフローが存在します。(CVE-2021-46143)

- Linux カーネルの GPU i915 カーネルドライバー機能に、ランダムメモリアクセスの欠陥が見つかりました。ユーザーが GPU で悪意のあるコードを実行する可能性があります。この欠陥により、ローカル ユーザーがシステムをクラッシュさせたり、システム上で権限を昇格させたりする可能性があります。(CVE-2022-0330)

- Linux カーネルの kernel/cgroup/cgroup-v1.c 関数の cgroup_release_agent_write に脆弱性が見つかりました。特定の状況下で、この欠陥により、cgroups v1 release_agent 機能を使用して権限を昇格させ、名前空間の分離を予期せずバイパスする可能性があります。
(CVE-2022-0492)

- モジュラー平方根を計算する BN_mod_sqrt() 関数に、非素数の係数に対して永久にループするバグが含まれています。内部的に、この関数は圧縮形式の楕円曲線公開鍵または圧縮形式でエンコードされたベースポイントを持つ明示的な楕円曲線パラメーターを含む証明書を解析する際に使用されます。無効な明示的な曲線パラメーターを持つ証明書を作成することで、無限ループを発生させることが可能です。証明書の解析は、証明書の署名の検証前に行われるため、外部から提供された証明書を解析するプロセスは、サービス拒否攻撃を受ける可能性があります。細工された秘密鍵を解析する際に、明示的な楕円曲線パラメーターを含む可能性があるため、無限ループに達する可能性もあります。したがって、以下の脆弱な状況が含まれます。- サーバー証明書を消費する TLS クライアント - クライアント証明書を消費する TLS サーバー - 顧客から証明書または秘密鍵を取得するホスティングプロバイダー - サブスクライバーからの証明書リクエストを解析する認証局 - ASN.1 楕円曲線パラメーターを解析するその他のもの。攻撃者がパラメーター値をコントロールできる場合、BN_mod_sqrt() を使用するその他のアプリケーションは、この DoS の問題に対して脆弱です。OpenSSL 1.0.2バージョンでは、証明書の初期解析中に公開鍵が解析されないため、無限ループを発生させることがわずかに困難になります。ただし、証明書の公開鍵が必要な何らかの操作を行うと、無限ループが発生します。特に、攻撃者は自己署名証明書を使用して、証明書署名の検証中にループを発生させる可能性があります。OpenSSL バージョン 1.0.2、1.1.1 および 3.0は、この問題の影響を受けます。これは 2022 年 3 月 15 日の 1.1.1n および 3.0.2のリリースで対処されました。OpenSSL 3.0.2で修正されました (3.0.0、3.0.1 が影響を受けました)。OpenSSL 1.1.1n で修正されました (1.1.1-1.1.1m が影響を受けました)。OpenSSL 1.0.2zd で修正されました (1.0.2-1.0.2zc が影響を受けました)。(CVE-2022-0778)

- GNU gzip の zgrep ユーティリティに、任意のファイル書き込みの脆弱性が見つかりました。攻撃者が選択したファイル名 (細工されたファイル名など) に zgrep を適用すると、攻撃者が選択したファイルに攻撃者のコンテンツが上書きされる可能性があります。この欠陥は、2 つ以上の改行のあるファイル名を処理する際の検証が不十分なために発生し、選択されたコンテンツとターゲットファイル名が細工された複数行のファイル名に埋め込まれています。この欠陥により、権限の弱いリモート攻撃者が、zgrep にシステム上の任意のファイルの書き込みを強制させる可能性があります。(CVE-2022-1271)

- 競合状態が perf_event_open() に見つかりました。これは、権限のないユーザーが root 権限を取得するために悪用される可能性があります。このバグにより、カーネルアドレス情報漏洩、任意の実行など、複数の悪用プリミティブを構築することが可能です。(CVE-2022-1729)

- 一部の Intel(R) プロセッサーのクリーンアップが不完全なため、認証されたユーザーがローカルアクセスを介して情報漏洩を引き起こす可能性があります。(CVE-2022-21123)

- 一部の Intel(R) プロセッサーのマイクロ アーキテクチャ フィル バッファのクリーンアップが不完全なため、認証されたユーザーがローカル アクセスを介して情報漏洩を引き起こす可能性があります。(CVE-2022-21125)

- 一部の Intel(R) プロセッサーでは、特定の特殊レジスタ書き込み操作のクリーンアップが不完全なために、認証されたユーザーがローカルアクセスを介して情報漏洩を引き起こす可能性があります。(CVE-2022-21166)

- Oracle Java SE の Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition 製品の脆弱性 (コンポーネント: JAXP)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Oracle Java SE: 7u331、8u321、11.0.14、17.0.2、18 と Oracle GraalVM Enterprise Edition:20.3.5、21.3.1、および 22.0.0.2 です。容易に悪用できる脆弱性により、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition を侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition の部分的なサービス拒否 (部分的 DOS) が権限なしで引き起こされる可能性があります。注: この脆弱性は、通常、サンドボックス化された Java Web Start アプリケーションまたはサンドボックス化された Java アプレットを実行しているクライアントで信頼できないコード (インターネットからのコードなど) を読み込んで実行し、セキュリティを Java サンドボックスに依存する Java デプロイメントが対象です。この脆弱性は、指定されたコンポーネントで API を使用することによって (例えば API にデータを提供する Web サービスを通して) 悪用される可能性もあります。
(CVE-2022-21426)

- Oracle Java SE の Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition 製品の脆弱性 (コンポーネント: Libraries)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Oracle Java SE:7u331、8u321、11.0.14、17.0.2、18 と Oracle GraalVM Enterprise Edition:20.3.5、21.3.1、および 22.0.0.2 です。容易に悪用できる脆弱性により、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition を侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition がアクセスできるデータの一部に権限なしで更新アクセス、挿入アクセス、または削除アクセスが行われる可能性があります。注: この脆弱性は、通常、サンドボックス化された Java Web Start アプリケーションまたはサンドボックス化された Java アプレットを実行しているクライアントで信頼できないコード (インターネットからのコードなど) を読み込んで実行し、セキュリティを Java サンドボックスに依存する Java デプロイメントが対象です。この脆弱性は、指定されたコンポーネントで API を使用することによって (例えば API にデータを提供する Web サービスを通して) 悪用される可能性もあります。(CVE-2022-21434)

- Oracle Java SE の Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition 製品の脆弱性 (コンポーネント: Libraries)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Oracle Java SE:7u331、8u321、11.0.14、17.0.2、18 と Oracle GraalVM Enterprise Edition:20.3.5、21.3.1、および 22.0.0.2で構成されています。悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition を侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition の部分的なサービス拒否 (部分的 DOS) が権限なしで引き起こされる可能性があります。注: この脆弱性は、通常、サンドボックス化された Java Web Start アプリケーションまたはサンドボックス化された Java アプレットを実行しているクライアントで信頼できないコード (インターネットからのコードなど) を読み込んで実行し、セキュリティを Java サンドボックスに依存する Java デプロイメントが対象です。この脆弱性は、指定されたコンポーネントで API を使用することによって (例えば API にデータを提供する Web サービスを通して) 悪用される可能性もあります。(CVE-2022-21443)

- Oracle Java SE の Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition 製品の脆弱性 (コンポーネント: Libraries)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Oracle Java SE:17.0.2 および 18 と Oracle GraalVM Enterprise Edition :21.3.1 および 22.0.0.2 です。容易に悪用できる脆弱性により、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition を侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、重要なデータや Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition がアクセスできるすべてのデータが権限なしで作成、削除、変更される可能性があります。注: この脆弱性は、通常、サンドボックス化された Java Web Start アプリケーションまたはサンドボックス化された Java アプレットを実行しているクライアントで信頼できないコード (インターネットからのコードなど) を読み込んで実行し、セキュリティを Java サンドボックスに依存する Java デプロイメントが対象です。この脆弱性は、指定されたコンポーネントで API を使用することによって (例えば API にデータを提供する Web サービスを通して) 悪用される可能性もあります。(CVE-2022-21449)

- Oracle Java SE の Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition 製品の脆弱性 (コンポーネント: Libraries)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Oracle Java SE:7u331、8u321、11.0.14、17.0.2、18 と Oracle GraalVM Enterprise Edition:20.3.5、21.3.1、および 22.0.0.2 です。容易に悪用できる脆弱性により、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition を侵害する可能性があります。この脆弱性による攻撃が成功すると、重要なデータに不正にアクセスしたり、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition がアクセスできるすべてのデータに完全にアクセスしたりできる可能性があります。注: この脆弱性は、通常、サンドボックス化された Java Web Start アプリケーションまたはサンドボックス化された Java アプレットを実行しているクライアントで信頼できないコード (インターネットからのコードなど) を読み込んで実行し、セキュリティを Java サンドボックスに依存する Java デプロイメントが対象です。この脆弱性は、指定されたコンポーネントで API を使用することによって (例えば API にデータを提供する Web サービスを通して) 悪用される可能性もあります。(CVE-2022-21476)

- Oracle Java SE の Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition 製品の脆弱性 (コンポーネント: JNDI)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Oracle Java SE:7u331、8u321、11.0.14、17.0.2、18 と Oracle GraalVM Enterprise Edition:20.3.5、21.3.1、および 22.0.0.2 です。容易に悪用できる脆弱性により、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition を侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition がアクセスできるデータの一部に権限なしで更新アクセス、挿入アクセス、または削除アクセスが行われる可能性があります。注: この脆弱性は、通常、サンドボックス化された Java Web Start アプリケーションまたはサンドボックス化された Java アプレットを実行しているクライアントで信頼できないコード (インターネットからのコードなど) を読み込んで実行し、セキュリティを Java サンドボックスに依存する Java デプロイメントが対象です。この脆弱性は、指定されたコンポーネントで API を使用することによって (例えば API にデータを提供する Web サービスを通して) 悪用される可能性もあります。
(CVE-2022-21496)

- Oracle Java SE の Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition 製品の脆弱性 (コンポーネント: ホットスポット)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Oracle Java SE: 7u343、8u333、11.0.15.1、17.0.3.1、18.0.1.1 と Oracle GraalVM Enterprise Edition:20.3.6、21.3.2、および 22.1.0 です。容易に悪用できる脆弱性により、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition を侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition がアクセスできるデータのサブセットに、権限なしで読み取りアクセスが行われる可能性があります。
注: この脆弱性は、通常、サンドボックス化された Java Web Start アプリケーションまたはサンドボックス化された Java アプレットを実行しているクライアントで信頼できないコード (インターネットからのコードなど) を読み込んで実行し、セキュリティを Java サンドボックスに依存する Java デプロイメントが対象です。この脆弱性は、指定されたコンポーネントで API を使用することによって (例えば API にデータを提供する Web サービスを通して) 悪用される可能性もあります。
(CVE-2022-21540)

- Oracle Java SE の Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition 製品の脆弱性 (コンポーネント: ホットスポット)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Oracle Java SE: 7u343、8u333、11.0.15.1、17.0.3.1、18.0.1.1 と Oracle GraalVM Enterprise Edition:20.3.6、21.3.2、および 22.1.0 です。悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition を侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、重要なデータや Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition がアクセスできるすべてのデータが権限なしで作成、削除、変更される可能性があります。注: この脆弱性は、通常、サンドボックス化された Java Web Start アプリケーションまたはサンドボックス化された Java アプレットを実行しているクライアントで信頼できないコード (インターネットからのコードなど) を読み込んで実行し、セキュリティを Java サンドボックスに依存する Java デプロイメントが対象です。この脆弱性は、指定されたコンポーネントで API を使用することによって (例えば API にデータを提供する Web サービスを通して) 悪用される可能性もあります。(CVE-2022-21541)

- Apache HTTP Server 2.4.52 以前では、リクエスト本文の破棄でエラーが発生すると、インバウンド接続のクローズに失敗し、サーバーが HTTP リクエストスマグリングにさらされます (CVE-2022-22720)

- 2.4.3以前の Expat (別名 : libexpat) の xmlparse.c の addBinding に整数オーバーフローがあります。(CVE-2022-22822)

- 2.4.3以前の Expat (別名 : libexpat) の xmlparse.c の build_model に整数オーバーフローがあります。(CVE-2022-22823)

- 2.4.3以前の Expat (別名 : libexpat) の xmlparse.c の defineAttribute に整数オーバーフローがあります。
(CVE-2022-22824)

- 2.4.3以前の Expat (別名 : libexpat) の xmlparse.c の lookup に整数オーバーフローがあります。(CVE-2022-22825)

- 2.4.3以前の Expat (別名 : libexpat) の xmlparse.c の nextScaffoldPart に整数オーバーフローがあります。
(CVE-2022-22826)

- 2.4.3以前の Expat (別名 : libexpat) の xmlparse.c の storeAtts に整数オーバーフローがあります。(CVE-2022-22827)

- 2.4.4 以前の Expat (別名 : libexpat) では、XML_CONTEXT_BYTES がゼロでない構成の XML_GetBuffer に符号付き整数オーバーフローがあります。(CVE-2022-23852)

- 2.1.28 より前の 2.1.17 から 2.1.27 の Cyrus SASL で、plugins/sql.c は SQL INSERT または UPDATE ステートメントのパスワードをエスケープしません。(CVE-2022-24407)

- 2.4.5より前の Expat (別名 libexpat) の xmltok_impl.c には、UTF-8 文字が特定のコンテキストで有効かどうかのチェックなど、エンコーディングの特定の検証がありません。(CVE-2022-25235)

- 2.4.5より前の Expat (別名 libexpat) の xmlparse.c により、攻撃者が名前空間 URI に名前空間セパレーター文字を挿入することが可能です。(CVE-2022-25236)

- systemd にメモリ解放後使用 (Use After Free) の脆弱性が見つかりました。この問題は、「resolved-dns-stream.c」の on_stream_io() 関数および dns_stream_complete() 関数が、DnsStream オブジェクトの参照カウントをインクリメントしないために発生します。したがって、呼び出された他の関数やコールバックが DNSStream オブジェクトを逆参照し、参照が後でまだ使用されているときにメモリ解放後使用 (Use After Free) を引き起こす可能性があります。(CVE-2022-2526)

- 2.4.5より前の Expat (別名 libexpat) では、storeRawNames に整数オーバーフローがあります。(CVE-2022-25315)

- Apache Tomcat 8.5.0から 8.5.75または Apache Tomcat 9.0.0.M1から 9.0.20を実行しているときに、Web アプリケーションが WebSocket 接続の終了と同時に WebSocket メッセージを送信すると、アプリケーションはそのソケットが閉じられた後もソケットを使用し続ける可能性があります。この場合に発生するエラー処理により、プールされたオブジェクトがプールに 2 回配置される可能性があります。これにより、その後の接続で同じオブジェクトが同時に使用され、データが返されて不適切に使用されたり、その他のエラーが発生したりする可能性があります。(CVE-2022-25762)

- 3.2.5 以前の rsync で、悪意のあるリモートサーバーが接続ピアのディレクトリ内に任意のファイルを書き込むことを可能にする問題が発見されました。サーバーは、クライアントに送信されるファイル/ディレクトリを選択します。ただし、rsync クライアントはファイル名の検証を不十分にします。悪意のある rsync サーバー (または中間者攻撃の攻撃者) が、rsync クライアントのターゲットディレクトリおよびサブディレクトリにある任意のファイルを上書きする可能性があります (例えば、.ssh/authorized_keys ファイルを上書きする)。(CVE-2022-29154)

- EncryptInterceptor の Apache Tomcat 10.1.0-M1 から 10.1.0-M14、10.0.0-M1 から 10.0.20、9.0.13から 9.0.62 および 8.5.38 から 8.5.78 のドキュメントでは、Tomcat のクラスター化を信頼できないネットワーク上で有効にできると誤って記述されていました。これは誤りでした。EncryptInterceptor は機密性と整合性の保護を提供しますが、信頼できないネットワークでの実行に関連するすべてのリスク、特に DoS のリスクに対して保護しません。(CVE-2022-29885)

- VMware Tools (12.0.0、11.x.y、および 10.x.y) には、ローカル権限昇格の脆弱性が含まれています。ゲスト OS へのローカルの非管理アクセス権を持つ悪意のある攻撃者が、仮想マシンの root ユーザーとして権限を昇格させる可能性があります。(CVE-2022-31676)

- Apache Xalan Java XSLT ライブラリは、悪意のある XSLT スタイルシートを処理する際に、整数切り捨ての問題に対して脆弱です。これは、内部 XSLTC コンパイラによって生成された Java クラスファイルを破損させ、任意の Java バイトコードを実行するために使用される可能性があります。Apache Xalan Java プロジェクトは休眠中であり、終了する予定です。この問題に対処する Apache Xalan Java の今後のリリースは期待されていません。注: Java ランタイム (OpenJDK など) には、Xalan の再パッケージされたコピーが含まれています。(CVE-2022-34169)

- Apache Tomcat 10.1.0-M1 から 10.1.0-M16、10.0.0-M1 から 10.0.22、9.0.30 から 9.0.64および 8.5.50から 8.5.81では、サンプル Web アプリケーションのフォーム認証で、ユーザー指定のデータがフィルタリングされずに表示され、XSS の脆弱性の脅威をさらしました。(CVE-2022-34305)

- kernel: usercopy の失敗によるメモリ解放後使用 (use-after-free) の悪用 (CVE-2022-22942)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Nutanix AOS ソフトウェアを推奨バージョンに更新してください。

関連情報

https://download.nutanix.com/advisories/NXSA-AOS-5-20-5.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 167224

ファイル名: nutanix_NXSA-AOS-5_20_5.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

ファミリー: Misc.

公開日: 2022/11/9

更新日: 2023/1/27

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9

Temporal Score: 7.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-45960

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-25315

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:nutanix:aos

必要な KB アイテム: Host/Nutanix/Data/lts, Host/Nutanix/Data/Service, Host/Nutanix/Data/Version, Host/Nutanix/Data/arch

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2022/11/9

脆弱性公開日: 2019/6/7

CISAの既知の悪用日: 2022/6/13

参照情報

CVE: CVE-2018-25032, CVE-2020-0465, CVE-2020-0466, CVE-2020-25709, CVE-2020-25710, CVE-2020-26116, CVE-2020-26137, CVE-2021-0920, CVE-2021-3177, CVE-2021-3564, CVE-2021-3573, CVE-2021-3752, CVE-2021-4155, CVE-2021-21996, CVE-2021-45960, CVE-2021-46143, CVE-2022-0330, CVE-2022-0492, CVE-2022-0778, CVE-2022-1271, CVE-2022-1729, CVE-2022-1966, CVE-2022-2526, CVE-2022-21123, CVE-2022-21125, CVE-2022-21166, CVE-2022-21426, CVE-2022-21434, CVE-2022-21443, CVE-2022-21449, CVE-2022-21476, CVE-2022-21496, CVE-2022-21540, CVE-2022-21541, CVE-2022-22720, CVE-2022-22822, CVE-2022-22823, CVE-2022-22824, CVE-2022-22825, CVE-2022-22826, CVE-2022-22827, CVE-2022-22942, CVE-2022-23852, CVE-2022-24407, CVE-2022-25235, CVE-2022-25236, CVE-2022-25315, CVE-2022-25762, CVE-2022-29154, CVE-2022-29885, CVE-2022-31676, CVE-2022-34169, CVE-2022-34305