Amazon Linux 2: curl (ALAS-2022-1875)

critical Nessus プラグイン ID 167236

概要

リモートの Amazon Linux 2 ホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされているcurlのバージョンは、7.79.1-6より前です。したがって、ALAS2-2022-1875 のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- 悪意のあるサーバーが過剰な量のcurl に対する HTTP 応答の「Set-Cookie:」ヘッダーを提供し、curl < 7.84.0はそれらすべてを保存します。十分に大量の (大きな) Cookie により、この後続の HTTP リクエスト、または Cookie が一致する他のサーバーは、異常に大きなリクエスト (1048576 バイト) の送信を回避するために curl が内部で使用する閾値よりも大きなリクエストを作成し、エラーを返します。この拒否状態は、同じ Cookie が保持され、一致しており、期限が切れていない限り維持される可能性があります。Cookie マッチングルールにより、「foo.example.com」上のサーバーは、「bar.example.com」にも一致する Cookie を設定できるため、シスターサーバーがこのメソッドを使用して、同一のセカンドレベルドメイン上の兄弟サイトに対してサービス拒否を効果的に引き起こすことが可能です。(CVE-2022-32205)

- curl < 7.84.0は、連鎖された HTTP 圧縮アルゴリズムをサポートします。これは、サーバー応答が複数回、場合によっては異なるアルゴリズムで、圧縮される可能性があることを意味します。この解凍チェーンの受け入れ可能なリンクの数が無制限であったため、悪意のあるサーバーが事実上無制限の数の圧縮ステップを挿入することが可能でした。このような解凍チェーンを使用すると、malloc ボムが発生し、curl が割り当てられたヒープメモリを大量に消費したり、メモリエラーを試したり戻したりする可能性があります。(CVE-2022-32206)

- curl < 7.84.0が Cookie、alt-svc、hsts のデータをローカルファイルに保存するとき、一時的な名前から最終的なターゲットファイル名への名前変更で操作をファイナライゼーションすることで、操作をアトミックにします。この名前変更操作で、偶発的に、ターゲットファイルの権限を *拡大* し、意図したよりも多くのユーザーが更新済みファイルにアクセスできるようになる可能性があります。(CVE-2022-32207)

- curl < 7.84.0が krb5 によって保護された FTP 転送を行う場合、メッセージ検証の失敗を不適切に処理します。
この欠陥により、中間者攻撃が気付かれずに、データがクライアントに注入される可能性さえあります。(CVE-2022-32208)

- HTTP(S) サーバーからクッキーを取得して解析するために curl が使用される場合、制御コードを使用してクッキーが受け入れられ、後で HTTP サーバーに返されると、サーバーが 400 応答を返します。
asister サイトがすべての sibling へのサービスを拒否することを効果的に許可します。(CVE-2022-35252)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

「yum update curl」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/AL2/ALAS-2022-1875.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-32205.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-32206.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-32207.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-32208.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-35252.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 167236

ファイル名: al2_ALAS-2022-1875.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/11/9

更新日: 2022/11/14

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-32207

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:curl, p-cpe:/a:amazon:linux:curl-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:libcurl, p-cpe:/a:amazon:linux:libcurl-devel, cpe:/o:amazon:linux:2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/10/31

脆弱性公開日: 2022/6/27

参照情報

CVE: CVE-2022-32205, CVE-2022-32206, CVE-2022-32207, CVE-2022-32208, CVE-2022-35252

IAVA: 2022-A-0350-S, 2022-A-0255-S