MariaDB 5.5.0< 5.5.22の複数の脆弱性

critical Nessus プラグイン ID 167863

概要

リモートのデータベースサーバーは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされている MariaDB のバージョンは、5.5.22 より前です。したがって、mariadb-5-5-22-release-notes のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- Oracle MySQL 5.1.61 以前、5.5.21 以前の MySQL サーバーコンポーネントにおける詳細不明の脆弱性により、リモートの認証されたユーザーが Server DML に関連して、可用性に影響を与える可能性があります。(CVE-2012-1688)

- Oracle MySQL 5.1.61 以前、5.5.21 以前の MySQL Server コンポーネントにある詳細不明の脆弱性により、認証されたリモートのユーザーが、Server Optimizer に関連する未知のベクトルで可用性に影響を与える可能性があります。これは、CVE-2012-1703 とは異なる脆弱性です。(CVE-2012-1690)

- Oracle MySQL 5.5.21 以前の MySQL Server コンポーネントにある詳細不明な脆弱性により、認証されたリモートユーザーが、Partition に関連する未知のベクトルで可用性に影響を与える可能性があります。(CVE-2012-1697)

- Oracle MySQL 5.1.61 以前、5.5.21 以前の MySQL Server コンポーネントにある詳細不明の脆弱性により、認証されたリモートのユーザーが、Server Optimizer に関連する未知のベクトルで可用性に影響を与える可能性があります。これは、CVE-2012-1690 とは異なる脆弱性です。(CVE-2012-1703)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

MariaDB バージョン 5.5.22以降にアップグレードしてください。

参考資料

https://mariadb.com/kb/en/mariadb-5-5-22-release-notes

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 167863

ファイル名: mariadb_5_5_22.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: combined

エージェント: windows, macosx, unix

ファミリー: Databases

公開日: 2022/11/18

更新日: 2023/12/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:S/C:N/I:N/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2012-1703

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.1

Temporal Score: 7.9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:N

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:mariadb:mariadb

必要な KB アイテム: installed_sw/MariaDB

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2012/3/29

脆弱性公開日: 2012/4/17

参照情報

CVE: CVE-2012-1688, CVE-2012-1690, CVE-2012-1697, CVE-2012-1703