Xenstore: xenstored スタック枯渇を引き起こす再帰操作 (XSA-418)

medium Nessus プラグイン ID 168020

概要

リモートの Xen ハイパーバイザーのインストールにセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

Xenstore: xenstored が一部の Xenstore 操作 (Xenstore ノードのサブツリーの削除など) に再帰を使用しています。ネストレベルが十分に深い場合、これがスタックの枯渇につながり、クラッシュする可能性があります。

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

ベンダーのアドバイザリにしたがって適切なパッチを適用してください。

関連情報

https://xenbits.xenproject.org/xsa/advisory-418.txt

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 168020

ファイル名: xen_server_XSA-418.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

ファミリー: Misc.

公開日: 2022/11/21

更新日: 2022/11/22

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.2

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.6

Temporal Score: 3.4

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:S/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-42321

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.5

Temporal Score: 5.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:C/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:xen:xen

必要な KB アイテム: installed_sw/Xen Hypervisor, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/11/1

脆弱性公開日: 2022/11/1

参照情報

CVE: CVE-2022-42321