RHEL 9 : firefox (RHSA-2022: 8580)

critical Nessus プラグイン ID 168131

概要

リモートの Red Hat ホストに、1 つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートの Redhat Enterprise Linux 9 ホストにインストールされているパッケージは、RHSA-2022: 8580 アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- Mozilla: Service Workers がクロスオリジンメディアファイルのサイズを学習した可能性があります (CVE-2022-45403)

- Mozilla: フルスクリーン通知バイパス (CVE-2022-45404)

- Mozilla: InputStream 実装時の Use-After-Free (メモリ解放後使用) (CVE-2022-45405)

- Mozilla: JavaScript レルムの Use-After-Free (メモリ解放後使用) (CVE-2022-45406)

- Mozilla: windowName によるフルスクリーン通知バイパス (CVE-2022-45408)

- Mozilla: ガベージコレクションの Use-After-Free (メモリ解放後使用) (CVE-2022-45409)

- Mozilla: ServiceWorker が傍受したリクエストが、SameSite Cookie ポリシーをバイパスしました (CVE-2022-45410)

- Mozilla: 非標準のオーバーライドヘッダーによるクロスサイトトレースが可能でした (CVE-2022-45411)

- Mozilla: シンボリックリンクが、一部が初期化されていないバッファに解決される場合があります (CVE-2022-45412)

- Mozilla: キーストロークサイドチャネルの漏洩 (CVE-2022-45416)

- Mozilla: ブラウザ UI にカスタムマウスカーソルが描画された可能性があります (CVE-2022-45418)

- Mozilla: Iframe コンテンツが Iframe 外でレンダリングされる可能性があります (CVE-2022-45420)

- Mozilla: Firefox 107 とFirefox ESR 102.5で修正されたメモリ安全性に関するバグ (CVE-2022-45421)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受ける Firefox パッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2022-45403

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2022-45404

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2022-45405

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2022-45406

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2022-45408

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2022-45409

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2022-45410

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2022-45411

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2022-45412

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2022-45416

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2022-45418

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2022-45420

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2022-45421

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2022:8580

https://bugzilla.redhat.com/2143197

https://bugzilla.redhat.com/2143198

https://bugzilla.redhat.com/2143199

https://bugzilla.redhat.com/2143200

https://bugzilla.redhat.com/2143201

https://bugzilla.redhat.com/2143202

https://bugzilla.redhat.com/2143203

https://bugzilla.redhat.com/2143204

https://bugzilla.redhat.com/2143205

https://bugzilla.redhat.com/2143240

https://bugzilla.redhat.com/2143241

https://bugzilla.redhat.com/2143242

https://bugzilla.redhat.com/2143243

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 168131

ファイル名: redhat-RHSA-2022-8580.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/11/23

更新日: 2023/2/2

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-45421

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-45406

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:redhat:enterprise_linux:9, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:firefox

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/11/22

脆弱性公開日: 2022/11/15

参照情報

CVE: CVE-2022-45403, CVE-2022-45404, CVE-2022-45405, CVE-2022-45406, CVE-2022-45408, CVE-2022-45409, CVE-2022-45410, CVE-2022-45411, CVE-2022-45412, CVE-2022-45416, CVE-2022-45418, CVE-2022-45420, CVE-2022-45421

RHSA: 2022:8580

IAVA: 2022-A-0491-S

CWE: 79, 120, 200, 416, 829, 1021, 1275