Ubuntu 18.04 LTS : Linux カーネル脆弱性 (USN-5757-1)

high Nessus プラグイン ID 168349

概要

リモート Ubuntu ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

リモートの Ubuntu 18.04 LTS ホストには、USN-5757-1 のアドバイザリに記載された複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- ユーザーが Empia 28xx ベースの TV カードに対して em28xx_usb_probe() をトリガーする方法で、Linux カーネルの video4linux ドライバーにメモリ解放後使用 (Use After Free) の欠陥が見つかりました。ローカルユーザーはこの欠陥を利用して、システムをクラッシュしたり、システム上で権限を昇格したりする可能性があります。(CVE-2022-3239)

- Linux カーネルに、脆弱性が見つかりました。問題があると分類されています。この脆弱性の影響を受けるのは、コンポーネント IPv6 ハンドラーの関数 ipv6_renew_options です。操作により、メモリリークが発生します。攻撃がリモートで起動される可能性があります。この問題を修正するパッチを適用することが推奨されます。
識別子 VDB-211021 がこの脆弱性に割り当てられました。(CVE-2022-3524)

- 深刻度高として分類されている脆弱性が Linux カーネルで見つかりました。この脆弱性の影響を受けるのは、コンポーネント Bluetooth のファイル net/bluetooth/l2cap_core.c の関数 l2cap_recv_acldata です。この操作により、メモリ解放後使用 (Use After Free) が発生します。この問題を修正するパッチを適用することが推奨されます。この脆弱性の関連識別子は VDB-211087 です。(CVE-2022-3564)

- 重要度最高として分類されている脆弱性が Linux カーネルで見つかりました。この問題の影響を受けるのは、コンポーネント Bluetooth の drivers/isdn/mISDN/l1oip_core.c ファイルの関数 del_timer です。この操作により、メモリ解放後使用 (Use After Free) が発生します。この問題を修正するパッチを適用することが推奨されます。この脆弱性の識別子は VDB-211088 です。(CVE-2022-3565)

- 問題として分類されている脆弱性が Linux カーネルで見つかりました。これは、コンポーネント TCP ハンドラーの関数 tcp_getsockopt/tcp_setsockopt に影響します。操作により競合状態が発生します。この問題を修正するパッチを適用することが推奨されます。識別子 VDB-211089 がこの脆弱性に割り当てられました。(CVE-2022-3566)

- 脆弱性が Linux カーネルで見つかり、問題として分類されました。この脆弱性は、コンポーネント IPv6 ハンドラーの関数 inet6_stream_ops/inet6_dgram_ops に影響します。操作により競合状態が発生します。この問題を修正するパッチを適用することが推奨されます。識別子 VDB-211090 がこの脆弱性に割り当てられました。(CVE-2022-3567)

- Linux カーネルに、脆弱性が見つかりました。問題があると分類されています。この脆弱性の影響を受けるのは、コンポーネント BPF の drivers/net/usb/r8152.c ファイルの intr_callback 関数です。操作により、過剰なデータのロギングが発生します。攻撃がリモートで起動される可能性があります。この問題を修正するパッチを適用することが推奨されます。この脆弱性の関連識別子は VDB-211363 です。
(CVE-2022-3594)

- Linux カーネルに、脆弱性が見つかりました。問題があると分類されています。影響を受けるのは、コンポーネント nilfs2 のファイル fs/nilfs2/inode.c の関数 nilfs_bmap_lookup_at_level です。操作により、null ポインターデリファレンスが発生します。リモートで攻撃を仕掛けることが可能です。この問題を修正するパッチを適用することが推奨されます。この脆弱性の識別子は VDB-211920 です。(CVE-2022-3621)

- 5.19.7 以前の Linux カーネルの mm/rmap.c には、リーフ anon_vma の二重再利用に関連するメモリ解放後使用 (Use After Free) があります。
(CVE-2022-42703)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるカーネルパッケージを更新してください。

参考資料

https://ubuntu.com/security/notices/USN-5757-1

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 168349

ファイル名: ubuntu_USN-5757-1.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/12/2

更新日: 2024/1/9

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

基本値: 6.8

現状値: 5.3

ベクトル: CVSS2#AV:L/AC:L/Au:S/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-3565

CVSS v3

リスクファクター: High

基本値: 7.8

現状値: 7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-4.15.0-200-generic-lpae, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-4.15.0-200-lowlatency, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:18.04:-:lts, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-4.15.0-1057-dell300x, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-4.15.0-1111-oracle, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-4.15.0-1124-raspi2, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-4.15.0-1132-kvm, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-4.15.0-1141-gcp, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-4.15.0-1142-snapdragon, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-4.15.0-1146-aws, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-4.15.0-200-generic

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Debian/dpkg-l, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2022/12/1

脆弱性公開日: 2022/9/19

参照情報

CVE: CVE-2022-3239, CVE-2022-3524, CVE-2022-3564, CVE-2022-3565, CVE-2022-3566, CVE-2022-3567, CVE-2022-3594, CVE-2022-3621, CVE-2022-42703

USN: 5757-1