Amazon Linux 2: ant (ALAS-2022-1880)

medium Nessus プラグイン ID 168454

概要

リモートの Amazon Linux 2 ホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされている ant のバージョンは、1.9.16-1より前です。したがって、ALAS2-2022-1880 のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- 特別に細工された ZIP アーカイブ、または派生フォーマットを読み込んだ場合、Apache Ant ビルドに大量のメモリを割り当てるようになっており、小さな入力でもメモリ不足エラーになることがあります。これは、Apache Ant を使用するビルドを中断するために使用される可能性があります。ZIP アーカイブからよく使用される派生フォーマットは、インスタンス JAR ファイルおよび多くの Office ファイルです。1.9.16 および 1.10.11より前の Apache Ant が影響を受けました。(CVE-2021-36374)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

「yum update ant」を実行してシステムを更新してください。

参考資料

https://alas.aws.amazon.com/AL2/ALAS-2022-1880.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2021-36374.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 168454

ファイル名: al2_ALAS-2022-1880.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/12/7

更新日: 2023/9/20

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

基本値: 4.3

現状値: 3.6

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:N/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2021-36374

CVSS v3

リスクファクター: Medium

基本値: 5.5

現状値: 5.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:F/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:ant-javamail, cpe:/o:amazon:linux:2, p-cpe:/a:amazon:linux:ant, p-cpe:/a:amazon:linux:ant-apache-bsf, p-cpe:/a:amazon:linux:ant-apache-log4j, p-cpe:/a:amazon:linux:ant-apache-regexp, p-cpe:/a:amazon:linux:ant-apache-bcel, p-cpe:/a:amazon:linux:ant-jmf, p-cpe:/a:amazon:linux:ant-commons-net, p-cpe:/a:amazon:linux:ant-commons-logging, p-cpe:/a:amazon:linux:ant-swing, p-cpe:/a:amazon:linux:ant-junit, p-cpe:/a:amazon:linux:ant-antlr, p-cpe:/a:amazon:linux:ant-javadoc, p-cpe:/a:amazon:linux:ant-testutil, p-cpe:/a:amazon:linux:ant-apache-oro, p-cpe:/a:amazon:linux:ant-apache-resolver, p-cpe:/a:amazon:linux:ant-apache-xalan2, p-cpe:/a:amazon:linux:ant-jsch, p-cpe:/a:amazon:linux:ant-manual, p-cpe:/a:amazon:linux:ant-jdepend

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2022/12/1

脆弱性公開日: 2021/7/14

参照情報

CVE: CVE-2021-36374