Fedora 35: curl (2022-39688a779d)

critical Nessus プラグイン ID 169128

Language:

概要

リモートの Fedora ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートの Fedora 35 ホストには、FEDORA-2022-39688a779d のアドバイザリに記載された複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- HTTP(S) 転送を行う際に、libcurl は誤ってリード コールバック (「CURLOPT_READFUNCTION」) を使用して送信するデータを求める場合がありました。以前に同じハンドルがそのコールバックを使用する「PUT」リクエストを発行するために使用されていた場合は、「CURLOPT_POSTFIELDS」オプションが設定されている場合でもそうなりました。この欠陥により、アプリケーションが予期しない動作をし、不適切なデータを送信したり、後続の「POST」リクエストでメモリ解放後使用または類似のメモリ使用を引き起こしたりする可能性があります。PUT から POST に変更されたときに、再利用されたハンドルのロジックに問題があります。(CVE-2022-32221)

- curl は認証情報の「.netrc」ファイルを解析するように指示される可能性があります。もし、そのファイルが 4095 個の非空白文字が連続する行で終わり、改行がない場合、curl はまずスタックベースのバッファの終端を読み、読み込みが成功したら、境界を越えて 0 バイトを書き込みます。ほとんどの場合、セグメンテーションエラーなどが発生しますが、状況によっては異なる結果になることもあります。悪意のあるユーザーが、カスタム netrc ファイルをアプリケーションに提供したり、その内容に影響を与えたりする場合、この欠陥はサービス拒否として利用される可能性があります。(CVE-2022-35260)

- 7.86.0より前の curl には二重解放があります。curl が HTTP(S) 以外の URL との転送に HTTP プロキシを使用するように指示された場合、プロキシに CONNECT リクエストを発行することでリモートサーバーへの接続を設定し、残りのプロトコルをトンネルします。HTTP プロキシがこのリクエストを拒否し (HTTP プロキシは、HTTPS の 443 のような特定のポート番号への送信接続のみを許可することがよくあります)、代わりに非 200 ステータスコードをクライアントに返します。エラー / クリーンアップ処理の欠陥により、転送のための URL で次のスキームの 1 つが使用された場合、curl で二重解放が発生する可能性があります: dict、gopher、gophers、ldap、ldaps、rtmp、rtmps、telnet。影響を受ける最も古いバージョンは 7.77.0です。(CVE-2022-42915)

- 7.86.0より前の curl では、HSTS チェックがバイパスされて、HTTP に留まる可能性があります。HSTS サポートを使用すると、HTTP が URL で提供されている場合でも、curl に (安全でない平文 HTTP ステップを使用する代わりに) 直接 HTTPS を使用するよう指示することができます。特定の URL のホスト名が IDN 変換の一部として ASCII の対応文字列で置換される IDN 文字を使用する場合、このメカニズムはバイパスされる可能性があります。例えば、U+002E(.) の一般的な ASCII を完全に停止する代わりに、文字 UTF-8 U + 3002 (IDEOGRAPHIC FULL STOP) を使用します。
影響を受ける最も古いバージョンは 7.77.02021-05-26 です。(CVE-2022-42916)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受ける curl パッケージを更新してください。

参考資料

https://bodhi.fedoraproject.org/updates/FEDORA-2022-39688a779d

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 169128

ファイル名: fedora_2022-39688a779d.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/12/22

更新日: 2023/9/12

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Critical

基本値: 10

現状値: 7.8

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-32221

CVSS v3

リスクファクター: Critical

基本値: 9.8

現状値: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:fedoraproject:fedora:35, p-cpe:/a:fedoraproject:fedora:curl

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2022/10/27

脆弱性公開日: 2022/10/27

参照情報

CVE: CVE-2022-32221, CVE-2022-35260, CVE-2022-42915, CVE-2022-42916

FEDORA: 2022-39688a779d

IAVA: 2022-A-0451-S