Ubuntu 18.04 LTS / 20.04 LTS / 22.04 LTS : curl の脆弱性 (USN-5788-1)

high Nessus プラグイン ID 169585

概要

リモート Ubuntu ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

リモートの Ubuntu 18.04 LTS / 20.04 LTS / 22.04 LTS / 22.10 ホストには、USN-5788-1 のアドバイザリに記載された複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

curl <7.87.0 の HSTS チェックに脆弱性が存在し、バイパスして HTTP を使い続けさせる可能性があります。
HSTS サポートを使用すると、HTTP が URL で提供されている場合でも、安全でない平文 HTTP ステップを使用する代わりに HTTPS を使用するよう curl に指示できます。ただし、指定された URL のホスト名が、IDN 変換の一部として ASCII の文字列に置き換えられる IDN 文字を最初に使用する場合、HSTS メカニズムがバイパスされる可能性があります。一般的な ASCII フルストップ (U+002E) `.` の代わりに UTF-8 U+3002 (IDEOGRAPHIC FULL STOP) 文字を使用するのと同じです。その後のリクエストでは、HSTS 状態が検出されず、平文転送が行われます。IDN エンコードされた情報を保存しますが、IDN デコードされた情報を検索するためです。(CVE-2022-43551)

- HTTP プロキシで use-after-free を拒否 [fedora-all] (CVE-2022-43552)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

参考資料

https://ubuntu.com/security/notices/USN-5788-1

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 169585

ファイル名: ubuntu_USN-5788-1.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2023/1/5

更新日: 2023/10/16

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.1

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:N/A:N

CVSS スコアのソース: CVE-2022-43551

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:18.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:20.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:22.04:-:lts, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:curl, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libcurl3-gnutls, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libcurl3-nss, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libcurl4, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libcurl4-gnutls-dev, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libcurl4-nss-dev, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libcurl4-openssl-dev

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Debian/dpkg-l, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2023/1/5

脆弱性公開日: 2022/12/21

参照情報

CVE: CVE-2022-43551, CVE-2022-43552

IAVA: 2023-A-0008-S

USN: 5788-1