RHEL 8: sqlite (RHSA-2023: 0110)

high Nessus プラグイン ID 169966

概要

リモートの Red Hat ホストに sqlite 用のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモート Redhat Enterprise Linux 8 ホストにインストールされているパッケージは、RHSA-2023: 0110 のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- 3.39.2より前の 1.0.12から 3.39.xまでの SQLite では、C API への文字列引数で数十億バイトが使用されると、配列境界のオーバーフローが発生することがあります。(CVE-2022-35737)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存していることに注意してください。

ソリューション

RHEL sqlite パッケージを、RHSA-2023: 0110 のガイダンスに基づいて更新してください。

参考資料

http://www.nessus.org/u?abec273d

https://access.redhat.com/security/updates/classification/#moderate

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=2110291

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2023:0110

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 169966

ファイル名: redhat-RHSA-2023-0110.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2023/1/12

更新日: 2024/4/28

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.1

CVSS v2

リスクファクター: High

基本値: 7.8

現状値: 6.1

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-35737

CVSS v3

リスクファクター: High

基本値: 7.5

現状値: 6.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:sqlite-libs, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:lemon, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:sqlite, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:sqlite-devel, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:8, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:sqlite-doc

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2023/1/12

脆弱性公開日: 2022/8/3

参照情報

CVE: CVE-2022-35737

CWE: 129

IAVA: 2022-A-0382-S

RHSA: 2023:0110