Amazon Linux 2 : kernel (ALASKERNEL-5.15-2023-012)

high Nessus プラグイン ID 170458

概要

リモートの Amazon Linux 2 ホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされているカーネルのバージョンは、5.15.86-53.137より前のものです。したがって、ALAS2KERNEL-5.15-2023-012 のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

2024-05-23: CVE-2023-26606 はこのアドバイザリに追加されました。

Linuxカーネルに欠陥が見つかりました。ドライバーのデバイスファイルを介した NVME_IOCTL_RESET および NVME_IOCTL_SUBSYS_RESET の連続したリクエストがある場合、サービス拒否の欠陥が発生し、PCIe リンクが切断される可能性があります。(CVE-2022-3169)

重要度最高として分類される脆弱性が Linux カーネルで見つかりました。影響を受けるのは、コンポーネント libbpf のファイル tools/lib/bpf/btf_dump.c の関数 btf_dump_name_dups です。この操作により、メモリ解放後使用 (Use After Free) が発生します。この問題を修正するパッチを適用することが推奨されます。この脆弱性の識別子は VDB-211032 です。(CVE-2022-3534)

ゲストは、netback を介して NIC インターフェースのリセット / 中止 / クラッシュを発生させることができます。特定の種類のパケットを送信することで、ゲストが Linux ベースのネットワークバックエンドで NIC インターフェースのリセット / 中止 / クラッシュを発生させる可能性があります。Linux ネットワークスタックの残りの部分では、パケットプロトコルヘッダーがすべて SKB の線形セクション内に含まれており、これが当てはまらない場合、一部の NIC が不適切に動作すると、(未書き込みで ?) 想定されています。これは、Cisco (enic) および Broadcom NetXtrem II BCM5780(bnx2x) で発生することが報告されていますが、他の NIC /ドライバーでも問題になる可能性があります。フロントエンドが分割ヘッダー付きのリクエストを送信している場合、netback は上記の想定に違反するものをネットワーキングコアに転送し、上記の誤動作を引き起こします。(CVE-2022-3643)

Linux カーネルの GPU i915 カーネルドライバーに不適切な TLB フラッシュの問題が見つかりました。このため、ランダムなメモリ破損またはデータ漏洩が発生する可能性があります。この欠陥により、ローカル ユーザーがシステムをクラッシュさせたり、システム上で権限を昇格させたりする可能性があります。(CVE-2022-4139)

ゲストは、Linux ネットバックドライバーでデッドロックを引き起こす可能性があります。[彼の CNA 情報レコードは複数の CVE に関連しています。
テキストは、どの側面 / 脆弱性がどの CVE に対応するかを説明します。] XSA-392 のパッチは、XSA-392 処理のためにドロップされたパケットの SKB を解放しようとする際にデッドロックを引き起こす可能性がある別の問題を導入しました (CVE-2022-42328)。さらに、他の理由でパッケージをドロップすると、xen-netback ドライバーが接続されているインターフェースで netpoll がアクティブな場合に、同じデッドロックが発生する可能性があります (CVE-2022-42329)。(CVE-2022-42328)

ゲストは、Linux ネットバックドライバーでデッドロックを引き起こす可能性があります。[彼の CNA 情報レコードは複数の CVE に関連しています。
テキストは、どの側面 / 脆弱性がどの CVE に対応するかを説明します。] XSA-392 のパッチは、XSA-392 処理のためにドロップされたパケットの SKB を解放しようとする際にデッドロックを引き起こす可能性がある別の問題を導入しました (CVE-2022-42328)。さらに、他の理由でパッケージをドロップすると、xen-netback ドライバーが接続されているインターフェースで netpoll がアクティブな場合に、同じデッドロックが発生する可能性があります (CVE-2022-42329)。(CVE-2022-42329)

Linux カーネルの SYSCTL サブシステムで、ユーザーが特定のカーネルパラメーターおよび変数を変更する方法で、スタックオーバーフローの欠陥が見つかりました。この欠陥によりローカルユーザーがクラッシュさせたり、システムで自分の権限を昇格させたりする可能性があります。(CVE-2022-4378)

Linux カーネルの fs/nfs/nfs4file.c の __nfs42_ssc_open() に use-after-free の脆弱性が見つかりました。
この欠陥により、攻撃者がリモートのサービス拒否を行う可能性があります (CVE-2022-4379)

6.1-rc6 までの Linux カーネルの x86 KVM サブシステムの競合状態により、ネスト化された仮想化および TDP MMU が有効な場合に、ゲスト OS ユーザーがサービス拒否 (ホスト OS クラッシュまたはホスト OS メモリ破損) を引き起こす可能性があります。(CVE-2022-45869)

Linux カーネル 6.0.8 で、fs/ntfs3/bitmap.c の ntfs_trim_fs に use-after-free があります。
(CVE-2023-26606)

Tenable は、前述の記述ブロックを テスト済み製品のセキュリティアドバイザリから直接抽出しています。

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存していることに注意してください。

ソリューション

「yum update kernel」を実行してシステムを更新してください。

参考資料

https://alas.aws.amazon.com/AL2/ALASKERNEL-5.15-2023-012.html

https://alas.aws.amazon.com/faqs.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-3169.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-3534.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-3643.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-4139.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-4378.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-4379.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-42328.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-42329.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-45869.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2023-26606.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 170458

ファイル名: al2_ALASKERNEL-5_15-2023-012.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2023/1/24

更新日: 2024/5/27

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

基本値: 7.7

現状値: 6

ベクトル: CVSS2#AV:A/AC:L/Au:S/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-3534

CVSS v3

リスクファクター: High

基本値: 8

現状値: 7.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:A/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:perf, p-cpe:/a:amazon:linux:bpftool, p-cpe:/a:amazon:linux:perf-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-tools-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-tools-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-debuginfo-common-aarch64, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-tools, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:python-perf-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-headers, cpe:/o:amazon:linux:2, p-cpe:/a:amazon:linux:bpftool-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-livepatch-5.15.86-53.137, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-debuginfo-common-x86_64, p-cpe:/a:amazon:linux:python-perf

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2023/1/18

脆弱性公開日: 2022/11/30

参照情報

CVE: CVE-2022-3169, CVE-2022-3534, CVE-2022-3643, CVE-2022-4139, CVE-2022-42328, CVE-2022-42329, CVE-2022-4378, CVE-2022-4379, CVE-2022-45869, CVE-2023-26606