Ubuntu 18.04 LTS / 20.04 LTS : Linux カーネル (Raspberry Pi) の脆弱性 (USN-6069-1)

high Nessus プラグイン ID 175573

概要

リモート Ubuntu ホストにセキュリティ更新がありません。

説明

リモートの Ubuntu 18.04LTS / 20.04LTS ホストには、USN-6069-1 のアドバイザリに記載された脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- Linux カーネルのトラフィックコントロールインデックスフィルター (tcindex) にメモリ解放後使用 (use-after-free) の脆弱性があり、これが悪用されてローカルの権限昇格が引き起こされる可能性があります。完全なハッシュの場合、tcindex_delete 関数が下層構造を削除する際にフィルターを適切に非アクティブ化しないため、後に構造の二重解放を引き起こす可能性があります。ローカルの攻撃者ユーザーがこの脆弱性を利用して、権限を root に昇格できます。
過去のコミット 8c710f75256bb3cf05ac7b1672c82b92c43f3d28 をアップグレードすることを推奨します。(CVE-2023-1829)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存していることに注意してください。

ソリューション

影響を受けるカーネルパッケージを更新してください。

参考資料

https://ubuntu.com/security/notices/USN-6069-1

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 175573

ファイル名: ubuntu_USN-6069-1.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2023/5/13

更新日: 2024/1/9

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

基本値: 6.8

現状値: 5

ベクトル: CVSS2#AV:L/AC:L/Au:S/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2023-1829

CVSS v3

リスクファクター: High

基本値: 7.8

現状値: 6.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:18.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:20.04:-:lts, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-4.15.0-1131-raspi2, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-5.4.0-1084-raspi

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Debian/dpkg-l, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2023/5/10

脆弱性公開日: 2023/3/17

参照情報

CVE: CVE-2023-1829

USN: 6069-1