Ubuntu 18.04LTS / 20.04LTS: Linux カーネル脆弱性 (USN-6131-1)

high Nessus プラグイン ID 176564

概要

リモート Ubuntu ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

リモートの Ubuntu 18.04 LTS /20.04 LTS ホストには、USN-6131-1 のアドバイザリに記載された複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- Linux カーネルの drivers/net/wireless/broadcom/brcm80211/brcmfmac/cfg80211.c の brcmf_get_assoc_ies にスラブ境界外読み取りの問題が見つかりました。この問題は assoc_info-> req_len データが、WL_EXTRA_BUF_MAX として定義されているバッファのサイズよりも大きい場合に発生し、サービス拒否を引き起こします。(CVE-2023-1380)

- Jean-Baptiste Cayrou 氏は、Ubuntu Linux カーネルの shiftfs ファイルシステムが、一部の状況で inode ロックを処理する際に競合状態を含んでいることを発見しました。ローカルの攻撃者がこれを利用して、サービス拒否 (カーネルのデッドロック) を引き起こす可能性があります。(CVE-2023-2612)

- 6.2.8より前の Linux カーネルの arch/x86/kvm/vmx/nested.c で問題が発見されました。x86_64 の nVMX には、CR0 および CR4 に対する一貫性チェックがありません。(CVE-2023-30456)

- Linux カーネル 6.2.13より前の net/sched/sch_qfq.c の qfq_change_class では、lmax が QFQ_MIN_LMAX を超える可能性があるため、領域外書き込みが可能です。(CVE-2023-31436)

- 6.3.1までの Linux カーネルでは、バッチリクエストを処理する際の Netfilter nf_tables のメモリ解放後使用 (use-after-free) が悪用され、カーネルメモリで任意の読み取りおよび書き込み操作が実行される可能性があります。権限のないローカルユーザーが、root 権限を取得する可能性があります。これは、匿名セットが不適切に処理されるために発生します。(CVE-2023-32233)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存していることに注意してください。

ソリューション

影響を受けるカーネルパッケージを更新してください。

参考資料

https://ubuntu.com/security/notices/USN-6131-1

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 176564

ファイル名: ubuntu_USN-6131-1.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2023/6/1

更新日: 2024/3/4

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

基本値: 6.8

現状値: 5.9

ベクトル: CVSS2#AV:L/AC:L/Au:S/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2023-32233

CVSS v3

リスクファクター: High

基本値: 7.8

現状値: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:18.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:20.04:-:lts, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-5.4.0-1050-ibm, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-5.4.0-1070-gkeop, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-5.4.0-1092-kvm, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-5.4.0-1100-gke, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-5.4.0-1102-oracle, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-5.4.0-1103-aws, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-5.4.0-1106-gcp, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-5.4.0-1109-azure, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-5.4.0-150-generic, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-5.4.0-150-generic-lpae, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-5.4.0-150-lowlatency

必要な KB アイテム: Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2023/6/1

脆弱性公開日: 2023/3/27

エクスプロイト可能

Core Impact

参照情報

CVE: CVE-2023-1380, CVE-2023-2612, CVE-2023-30456, CVE-2023-31436, CVE-2023-32233

USN: 6131-1