Samba SWAT 3.0.2 - 3.0.4 HTTP 基本認証 base64 のバッファオーバーフロー

critical Nessus プラグイン ID 17720

概要

リモート Samba サーバーは、バッファオーバーフロー脆弱性の影響を受けます。

説明

バナーによると、リモートホストで実行している Samba のバージョンは、3.0.2~3.0.4(これらのバージョンを含みます)です。base64 デコーディング機能にエラーが存在し、バッファオーバーフローを引き起こす可能性があります。

ソリューション

バージョン3.0.5以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.samba.org/samba/history/samba-3.0.5.html

https://www.samba.org/samba/security/CVE-2004-0600.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 17720

ファイル名: samba_3_0_5.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: remote

ファミリー: Misc.

公開日: 2011/11/18

更新日: 2022/4/11

構成: パラノイドモードの有効化, 徹底的なチェックを有効にする

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:samba:samba

必要な KB アイテム: SMB/NativeLanManager, SMB/samba, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2004/7/20

脆弱性公開日: 2004/4/28

参照情報

CVE: CVE-2004-0600

BID: 10780

EDB-ID: 364