Ubuntu 16.04 ESM / 18.04 ESM / 20.04 LTS / 22.04 LTS : PyPDF2 の脆弱性 (USN-6176-1)

medium Nessus プラグイン ID 177426

概要

リモートの Ubuntu ホストにセキュリティ更新がありません。

説明

リモートの Ubuntu 16.04 ESM / 18.04 ESM / 20.04 LTS / 22.04 LTS ホストにインストールされているパッケージは USN-6176-1 のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- PyPDF2 は PDF ファイルのページを分割、マージ、トリミング、変換できるオープンソースの python PDF ライブラリです。1.27.5より前のバージョンでは、この脆弱性を使用する攻撃者が PDF を細工し、コードがコンテンツストリームを取得しようとすると、PyPDF2 の場合、無限ループを引き起こす可能性があります。その理由は、「ContentStream._readInlineImage」の最後の while ループが「EI」トークンを見つけたときのみ終了するものの、ストリームがすでに終了しているかどうかは実際にはチェックしないためです。この問題はバージョン 「1.27.5」で解決済みです。アップグレードできないユーザーは、コンテンツストリームを反復処理する前に PDF を検証する必要があります。
(CVE-2022-24859)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存していることに注意してください。

ソリューション

影響を受ける python-pypdf2 や python3-pypdf2 パッケージを更新してください。

参考資料

https://ubuntu.com/security/notices/USN-6176-1

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 177426

ファイル名: ubuntu_USN-6176-1.nasl

バージョン: 1.0

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2023/6/19

更新日: 2023/6/19

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

基本値: 4.3

現状値: 3.4

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:N/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2022-24859

CVSS v3

リスクファクター: Medium

基本値: 5.5

現状値: 5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:16.04:-:esm, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:18.04:-:esm, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:20.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:22.04:-:lts, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:python-pypdf2, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:python3-pypdf2

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Debian/dpkg-l, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2023/6/19

脆弱性公開日: 2022/4/17

参照情報

CVE: CVE-2022-24859

USN: 6176-1