Openfire 認証バイパス (CVE-2023-32315)

high Nessus プラグイン ID 178030

概要

リモートホストには、認証バイパス脆弱性の影響を受けるアプリケーションがあります。

説明

リモートホストで実行されている Openfire のバージョンは、認証バイパスの脆弱性の影響を受けます。Openfire は、Open Source Apache License でライセンスされている XMPP サーバーです。Web ベースのアプリケーションである Openfire の管理コンソールが、セットアップ環境を介したパストラバーサル攻撃に脆弱であることが判明しました。これにより、認証されていないユーザーが、設定済みの Openfire 環境で認証されていない Openfire セットアップ環境を使用して、管理ユーザー用に予約されている Openfire 管理コンソールの制限されたページにアクセスする可能性がありました。この脆弱性は、バージョン 3.10.0 から 2015 年 4 月以降にリリースされた Openfire のすべてのバージョンに影響を与えます。
この問題は Openfire リリース 4.7.5 および 4.6.8 でパッチされており、さらなる改善は 4.8 ブランチのまだリリースされていない最初のバージョン (バージョン 4.8.0 になる予定) に含まれる予定です。ユーザーにアップグレードすることを推奨します。Openfire アップグレードが特定のリリースで利用できない場合、またはすぐに対処できない場合、ユーザーはリンク先の github アドバイザリ (GHSA-gw42-f939-fhvm) で緩和策を参照してください。

ソリューション

バージョン4.6.8、4.7.5、4.8.0以降にアップグレードしてください。

参考資料

http://www.nessus.org/u?dec8dfe3

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 178030

ファイル名: openfire_CVE-2023-32315.nbin

バージョン: 1.16

タイプ: remote

ファミリー: CGI abuses

公開日: 2023/7/7

更新日: 2024/5/20

サポートされているセンサー: Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.2

CVSS v2

リスクファクター: High

基本値: 7.8

現状値: 6.8

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:N/A:N

CVSS スコアのソース: CVE-2023-32315

CVSS v3

リスクファクター: High

基本値: 7.5

現状値: 7.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:igniterealtime:openfire

必要な KB アイテム: installed_sw/Openfire Console

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2023/5/23

脆弱性公開日: 2023/5/23

CISA の既知の悪用された脆弱性の期限日: 2023/9/14

エクスプロイト可能

Metasploit (Openfire authentication bypass with RCE plugin)

参照情報

CVE: CVE-2023-32315

IAVB: 2023-B-0043