FreeBSD:go -- 複数の脆弱性 (78f2e491-312d-11ee-85f2-bd89b893fcb4)

critical Nessus プラグイン ID 179210

Language:

概要

リモートの FreeBSD ホストに 1 つ以上のセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされている FreeBSD のバージョンは、テスト済みバージョンより前です。したがって、78f2e491-312d-11ee-85f2-bd89b893fcb4 のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- 山括弧 (<>) は、CSS コンテキストに挿入しても危険な文字とは見なされません。複数のアクションを「/」で区切ったテンプレートを信頼できない入力で実行すると、CSS コンテキストが予期せず終了し、予期しない HTML が注入される可能性があります。(CVE-2023-24539)

- JavaScript の有効な空白文字がすべて空白文字と見なされるわけではありません。JavaScript コンテキストの文字セット \t\n\f\r\u0020\u2028\u2029 以外の空白文字が含まれ、アクションも含まれているテンプレートは、実行中に適切にサニタイズされない可能性があります。(CVE-2023-24540)

- 引用符で囲まれていない HTML 属性 (例: attr={{.}}) にアクションを含むテンプレートを空の入力で実行すると、HTML 正規化ルールにより、解析時に予期しない結果となる出力が発生する可能性があります。これにより、任意の属性をタグに注入できる可能性があります。(CVE-2023-29400)

- cgo の使用時に go コマンドがビルド時に予期しないコードを生成する可能性があります。これにより、cgo を使用する go プログラムの実行時に予期しない動作が発生する可能性があります。これは名前に改行文字があるディレクトリを含む信頼できないモジュールを実行しているときに発生する可能性があります。go コマンドを使用して、つまり go get を介して取得したモジュールは影響を受けません (GOPATH モードを使用して取得したモジュール、つまり GO111MODULE=off が影響を受ける可能性があります)。(CVE-2023-29402)

- Unix プラットフォームで、バイナリが setuid/setgid ビットで実行されている場合、Go ランタイムは異なる動作をしません。これにより、メモリ状態をダンプするときや、標準の i/o ファイル記述子のステータスを仮定するときなど、特定の場合に危険な場合があります。標準の I/O ファイル記述子を閉じた状態で setuid/setgid バイナリを実行した場合、ファイルを開くと、昇格した権限で予期しないコンテンツの読み書きが行われる可能性があります。
同様に、setuid/setgid プログラムがパニックまたはシグナルによって終了した場合、そのレジスタのコンテンツが漏洩する可能性があります。(CVE-2023-29403)

go コマンドは、cgo を使用中の場合、ビルドタイムに任意のコードを実行する可能性があります。これは悪意のあるモジュールで go get を実行している、あるいは信頼できないコードをビルドする他のコマンドを実行しているときに発生する可能性があります。これは、#cgo LDFLAGS ディレクティブで指定されたリンカーフラグにより発生する可能性があります。オプションではない多数のフラグの引数がオプションであると誤って見なされ、LDFLAGS サニタイズを通じて許可されていないフラグのスマグリングが可能になります。これは gc コンパイラと gccgo コンパイラの両方の使用に影響します。(CVE-2023-29404)

- HTTP/1 クライアントが、Host ヘッダーのコンテンツを完全に検証していません。悪意を持って細工された Host ヘッダーにより、追加のヘッダーまたはリクエスト全体が注入される可能性があります。この修正により、HTTP/1 クライアントは無効な Request.Host または Request.URL.Host 値を含むリクエストの送信を拒否するようになります。(CVE-2023-29406)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存していることに注意してください。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

参考資料

https://groups.google.com/u/1/g/golang-announce/c/2q13H6LEEx0

https://groups.google.com/u/1/g/golang-announce/c/MEb0UyuSMsU

https://groups.google.com/u/1/g/golang-announce/c/q5135a9d924

https://groups.google.com/u/1/g/golang-announce/c/X0b6CsSAaYI

http://www.nessus.org/u?535952b2

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 179210

ファイル名: freebsd_pkg_78f2e491312d11ee85f2bd89b893fcb4.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

公開日: 2023/8/2

更新日: 2023/12/8

サポートされているセンサー: Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Critical

基本値: 10

現状値: 7.4

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2023-29404

CVSS v3

リスクファクター: Critical

基本値: 9.8

現状値: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:freebsd:freebsd:go119, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:go120, cpe:/o:freebsd:freebsd

必要な KB アイテム: Host/FreeBSD/pkg_info, Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2023/8/2

脆弱性公開日: 2023/5/4

参照情報

CVE: CVE-2023-24539, CVE-2023-24540, CVE-2023-29400, CVE-2023-29402, CVE-2023-29403, CVE-2023-29404, CVE-2023-29406

IAVB: 2023-B-0029-S, 2023-B-0040-S, 2023-B-0052-S, 2023-B-0080-S