SUSE SLES15 セキュリティ更新プログラム : カーネル (SUSE-SU-2023:3390-1)

high Nessus プラグイン ID 180136

Language:

概要

リモートの SUSE ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

リモートの SUSE Linux SLES15 / SLES_SAP15 ホストには、SUSE-SU-2023:3390-1 のアドバイザリに記載された複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- 一部の Intel(R) プロセッサーの特定のベクトル実行ユニットでの一時的な実行後のマイクロアーキテクチャ状態を介した情報漏洩により、認証されたユーザーがローカルアクセスを介して情報漏洩を可能にする可能性があります。(CVE-2022-40982)

- Linux カーネルの 64 ビットバージョンの Copy_from_user は __uaccess_begin_nospec を実装していないため、ユーザーは access_ok チェックをバイパスし、カーネルポインターを copy_from_user() に渡すことができます。これにより、攻撃者が情報を漏洩する可能性があります。コミット 74e19ef0ff8061ef55957c3abd71614ef0f42f47 以降にアップグレードすることを推奨します (CVE-2023-0459)

- 一部の AMD CPU にあるサイドチャネル脆弱性により、攻撃者がリターンアドレスの予測に影響を与える可能性があります。これにより、攻撃者が制御するアドレスで投機的実行が発生し、情報漏洩につながる可能性があります。(CVE-2023-20569)

- 特定のマイクロアーキテクチャの状況での Zen 2 CPU の問題により、攻撃者が機密情報にアクセスする可能性があります。(CVE-2023-20593)

- Linux カーネルの fs/hfsplus/super.c の hfsplus_put_super にメモリ解放後使用 (use-after-free) の欠陥が見つかりました。この欠陥により、ローカルのユーザーがサービス拒否問題を引き起こす可能性があります。(CVE-2023-2985)

- ** 拒否 ** CVE-2023-3390 の重複。(CVE-2023-3117)

- net/netfilter/nf_tables_api.c の Linux カーネルの netfilter サブシステムに、メモリ解放後使用 (Use-After-Free) の脆弱性が見つかりました。NFT_MSG_NEWRULE でのエラー処理の誤りにより、同じトランザクションでダングリングポインターを使用できるようになり、メモリ解放後使用 (Use After Free) の脆弱性を引き起こします。この欠陥により、ユーザーアクセス権を持つローカルの攻撃者が権限昇格の問題を引き起こす可能性があります。過去のコミット 1240eb93f0616b21c675416516ff3d74798fdc97 にアップグレードすることをお勧めします。(CVE-2023-3390)

- GFS2 ファイルシステムで発見された Linux カーネルの欠陥。破損した gfs2 ファイルシステムでは、evict コードが解放されて NULL に設定された後、ジャーナル記述子構造、jdesc を参照しようとする可能性があります。これにより、gfs2_trans_begin が呼び出され、その後 ingfs2_evict_inode() が失敗すると、NULL ポインターデリファレンスが発生する可能性があります。(CVE-2023-3212)(CVE-2023-34319)

- Linux カーネル nftables の領域外読み取り/書き込みの脆弱性 CAP_NET_ADMIN が任意のユーザーまたはネットワークの名前空間にある場合、nft_byteorder は vm レジスタのコンテンツを適切に処理できませんでした (CVE-2023-35001)

- Linux カーネルの vc_screen の中の drivers/tty/vt/vc_screen.c の vcs_read に、メモリ解放後使用 (Use After Free) の欠陥が見つかりました。この欠陥により、ローカルのユーザーアクセス権限を持つ攻撃者がシステムをクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2023-3567)

- Linux カーネルの net/sched: cls_u32 コンポーネントには、メモリ解放後使用 (Use After Free) の脆弱性が存在し、これが悪用されローカルの権限昇格が行われる可能性があります。tcf_change_indev() が失敗した場合、u32_set_parms() は tcf_bind_filter() で参照カウンターをインクリメントまたはデクリメントした直後にエラーを返します。攻撃者が参照カウンターを制御してゼロに設定できる場合、参照が解放されメモリ解放後使用 (Use After Free) の脆弱性が発生する可能性があります。過去のコミット 04c55383fa5689357bcdd2c8036725a55ed632bc へのアップグレードを推奨します。
(CVE-2023-3609)

- Linux カーネルの net/sched: sch_qfq コンポーネントには、領域外書き込みの脆弱性が存在し、これが悪用されローカルの権限昇格が行われる可能性があります。net/sched/sch_qfq.c の qfq_change_agg() 関数は、領域外書き込みの可能性があります。これは、lmax が境界チェックなしにパケットサイズに応じて更新されるためです。過去のコミット 3e337087c3b5805fe0b8a46ba622a962880b5d64 へのアップグレードを推奨します。(CVE-2023-3611)

- Linux カーネルの net/sched: cls_fw コンポーネントは、悪用されて、ローカルの権限昇格が行われる可能性があります。tcf_change_indev() が失敗した場合、fw_set_parms() は tcf_bind_filter() で参照カウンターをインクリメントまたはデクリメントした直後にエラーを返します。攻撃者が参照カウンターを制御してゼロに設定できる場合、参照が解放されメモリ解放後使用 (Use After Free) の脆弱性が発生する可能性があります。過去のコミット 0323bce598eea038714f941ce2b22541c46d488f へのアップグレードを推奨します。
(CVE-2023-3776)

- Linux カーネルの TUN/TAP デバイスドライバー機能において、napi frags が有効な場合、ユーザーが悪意のある (大きすぎる) ネットワーキングパケットを生成する方法における領域外メモリアクセスの欠陥が見つかりました。この欠陥によりローカルユーザーがクラッシュさせたり、システムで自分の権限を昇格させたりする可能性があります。(CVE-2023-3812)

- Linux カーネルの cxgb4 ドライバーにメモリ解放後使用 (Use After Free) の脆弱性が見つかりました。このバグは、cxgb4 デバイスがワークキューからの flallow_stats_timer の再設定の可能性があることによりデタッチされるときに発生します。この欠陥により、ローカルユーザーがシステムをクラッシュさせ、サービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2023-4133)

- Linux カーネルの TUN/TAP 機能に欠陥が見つかりました。この問題により、ローカルユーザーはネットワークフィルターをバイパスし、一部のリソースへの認証されていないアクセスを取得する可能性があります。CVE-2023-1076 を修正する元のパッチは、不適切または不完全です。問題は、次の Upstream が、a096ccca6e50 (tun: tun_chr_open(): がソケット uid を正しく初期化)、- 66b2c338adce (tap: tap_open():
がソケット uid を正しく初期化)、inode->i_uid を最後のパラメーターとして sock_init_data_uid() に渡すことですが、これは正確ではありません。(CVE-2023-4194)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存していることに注意してください。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

参考資料

https://bugzilla.suse.com/1206418

https://bugzilla.suse.com/1207088

https://bugzilla.suse.com/1209342

https://bugzilla.suse.com/1210584

https://bugzilla.suse.com/1211738

https://bugzilla.suse.com/1211867

https://bugzilla.suse.com/1212301

https://bugzilla.suse.com/1212741

https://bugzilla.suse.com/1212835

https://bugzilla.suse.com/1212846

https://bugzilla.suse.com/1213059

https://bugzilla.suse.com/1213167

https://bugzilla.suse.com/1213245

https://bugzilla.suse.com/1213286

https://bugzilla.suse.com/1213287

https://bugzilla.suse.com/1213354

https://bugzilla.suse.com/1213543

https://bugzilla.suse.com/1213546

https://bugzilla.suse.com/1213585

https://bugzilla.suse.com/1213586

https://bugzilla.suse.com/1213588

https://bugzilla.suse.com/1213868

https://bugzilla.suse.com/1213970

https://bugzilla.suse.com/1214019

http://www.nessus.org/u?ba6442f4

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-40982

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2023-0459

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2023-20569

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2023-20593

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2023-2985

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2023-3117

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2023-3390

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2023-34319

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2023-35001

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2023-3567

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2023-3609

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2023-3611

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2023-3776

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2023-3812

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2023-4133

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2023-4194

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 180136

ファイル名: suse_SU-2023-3390-1.nasl

バージョン: 1.0

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2023/8/24

更新日: 2023/8/24

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.4

CVSS v2

リスクファクター: High

基本値: 7.8

現状値: 6.1

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:N/A:N

CVSS スコアのソース: CVE-2023-20569

CVSS v3

リスクファクター: High

基本値: 7.8

現状値: 7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:P/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2023-3812

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-macros, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-preempt-devel, p-cpe:/a:novell:suse_linux:ocfs2-kmp-default, p-cpe:/a:novell:suse_linux:dlm-kmp-default, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default-base, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-preempt, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default-livepatch, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default-devel, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-devel, p-cpe:/a:novell:suse_linux:gfs2-kmp-default, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-syms, cpe:/o:novell:suse_linux:15, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-livepatch-5_3_18-150200_24_160-default, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default-livepatch-devel, p-cpe:/a:novell:suse_linux:cluster-md-kmp-default, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-obs-build, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-source, p-cpe:/a:novell:suse_linux:reiserfs-kmp-default

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2023/8/23

脆弱性公開日: 2022/12/1

参照情報

CVE: CVE-2022-40982, CVE-2023-0459, CVE-2023-20569, CVE-2023-20593, CVE-2023-2985, CVE-2023-3117, CVE-2023-3390, CVE-2023-34319, CVE-2023-35001, CVE-2023-3567, CVE-2023-3609, CVE-2023-3611, CVE-2023-3776, CVE-2023-3812, CVE-2023-4133, CVE-2023-4194

SuSE: SUSE-SU-2023:3390-1