Progress WS_FTP Server < 8.8.2 の複数の脆弱性

medium Nessus プラグイン ID 182522

概要

リモート FTP サーバーは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストは 8.8.2 以前のバージョンの WS_FTP を実行しています。このようなバージョンは、報告されているところによれば、以下の複数の脆弱性の影響を受けます。

- WS_FTP Server の管理モジュールに蓄積型クロスサイトスクリプティング (XSS) の脆弱性が存在します。管理者権限を持つ攻撃者が、クロスサイトスクリプティングペイロードを含む悪意のある属性を持つ SSL 証明書をインポートする可能性があります。クロスサイトスクリプティングのペイロードが正常に保存されると、攻撃者がこの脆弱性を利用して、WS_FTP Server の管理者を対象とした特定のペイロードを使用し、被害者のブラウザのコンテキスト内で悪意のある JavaScript の実行を引き起こす可能性があります。(CVE-2023-40047)

- WS_FTP Server Manager インターフェースには、WS_FTP Server 管理機能に対応する POST トランザクションのクロスサイトリクエスト偽造 (CSRF) 保護がありませんでした。(CVE-2023-40048)

- 認証されていないユーザーが、「WebServiceHost」ディレクトリリスト下のファイルを列挙する可能性があります。(CVE-2023-40049)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存していることに注意してください。

ソリューション

WS_FTP Server バージョン 8.8.2 以降にアップグレードしてください。

参考資料

http://www.nessus.org/u?67cee97f

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 182522

ファイル名: ws_ftp_server_822.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: FTP

公開日: 2023/10/4

更新日: 2023/10/6

サポートされているセンサー: Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: High

基本値: 7.8

現状値: 5.8

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:C/A:N

CVSS スコアのソース: CVE-2023-40048

CVSS v3

リスクファクター: Medium

基本値: 6.5

現状値: 5.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:N/I:H/A:N

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:progress:ws_ftp_server

必要な KB アイテム: SMB/Registry/Enumerated, installed_sw/Progress WS_FTP Server

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2023/9/27

脆弱性公開日: 2023/9/27

参照情報

CVE: CVE-2023-40047, CVE-2023-40048, CVE-2023-40049

IAVA: 2023-A-0514