Amazon Linux 2 : containerd (ALASECS-2023-008)

medium Nessus プラグイン ID 183318

概要

リモートの Amazon Linux 2 ホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされているcontainerdのバージョンは1.6.19-1より前のものです。したがって、ALAS2ECS-2023-008 のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- 証明書チェーン内の非常に大きな RSA キーは、クライアントやサーバーが署名の検証に多大な CPU 時間を費やす原因となる可能性があります。修正により、ハンドシェイク中に送信される RSA キーのサイズは 8192 ビット以下に制限されています。公的に信頼されている RSA キーに関する調査によると、現在これより大きなキーを持つ証明書は 3 つしか流通しておらず、この 3 つすべては実際には展開されていないテスト証明書のようです。プライベート PKI ではより大きなキーが使用されている可能性はありますが、弊社は Web PKI を対象としているため、crypto/tls ユーザーのデフォルトの安全性を高めるために、ここでの変更を行うことが合理的であると思われます。(CVE-2023-29409)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

「yum update containerd」を実行してシステムを更新してください。

参考資料

https://alas.aws.amazon.com/AL2/ALASECS-2023-008.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2023-29409.html

https://alas.aws.amazon.com/faqs.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 183318

ファイル名: al2_ALASECS-2023-008.nasl

バージョン: 1.0

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2023/10/18

更新日: 2023/10/18

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 2.2

CVSS v2

リスクファクター: Medium

基本値: 5

現状値: 3.7

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2023-29409

CVSS v3

リスクファクター: Medium

基本値: 5.3

現状値: 4.6

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:L

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:containerd-stress, cpe:/o:amazon:linux:2, p-cpe:/a:amazon:linux:containerd, p-cpe:/a:amazon:linux:containerd-debuginfo

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2023/9/27

脆弱性公開日: 2023/8/2

参照情報

CVE: CVE-2023-29409

IAVB: 2023-B-0064-S