PyTorch TorchServe SSRF (CVE-2023-43654)

critical Nessus プラグイン ID 184080

概要

リモートホストに、サーバーサイドリクエストフォージェリの脆弱性の影響を受ける機械学習ライブラリが含まれています。

説明

リモートホストには、0.8.2 より前のバージョンの torchserve があります。したがって、サーバーサイドリクエストフォージェリの脆弱性の影響を受けます。TorchServe のデフォルト設定には適切な入力検証が行われていないため、第三者がリモート HTTP ダウンロードリクエストを呼び出し、ファイルをディスクに書き込む可能性があります。この問題を利用して、システムと機密データの整合性が侵害される可能性があります。この問題は、バージョン 0.1.0 から 0.8.1 に存在します。リモート攻撃者がこれを悪用し、任意の URL から任意の悪意のあるモデルを読み込む可能性があります。

ソリューション

TorchServe 0.8.2 以降にアップグレードしてください。

参考資料

http://www.nessus.org/u?2afbafcc

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 184080

ファイル名: pytorch_CVE-2023-43654.nbin

バージョン: 1.8

タイプ: remote

ファミリー: CGI abuses

公開日: 2023/10/31

更新日: 2024/5/20

サポートされているセンサー: Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Critical

基本値: 10

現状値: 7.8

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2023-43654

CVSS v3

リスクファクター: Critical

基本値: 9.8

現状値: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:pytorch:torchserve

必要な KB アイテム: installed_sw/TorchServe

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

Nessus によりエクスプロイト済み: true

パッチ公開日: 2023/9/28

脆弱性公開日: 2023/9/28

参照情報

CVE: CVE-2023-43654