F5 Networks BIG-IP:BIG-IP エンジニアリングホットフィックス Trusted Platform Module の脆弱性 (K91171450)

medium Nessus プラグイン ID 184298

概要

リモートデバイスに、ベンダーが提供したセキュリティパッチがありません。

説明

リモートホストにインストールされている F5 Networks BIG-IP のバージョンは、テストバージョンです。したがって、K91171450 のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- 影響を受けるバージョンおよびプラットフォームでは、Trusted Platform Module (TPM) システムの整合性チェックが特定のシステムコンポーネントに対する変更を検出できません。この問題は、特定のエンジニアリングホットフィックスおよびプラットフォームにのみ影響します。注意: この脆弱性は、downloads.f5.com から取得した BIG-IP のメジャーリリース、マイナーリリース、メンテナンスリリースには影響しません。影響を受けるエンジニアリングホットフィックスのビルドは次のとおりです。Hotfix-BIGIP-14.1.0.2.0.45.4-ENG Hotfix-BIGIP-14.1.0.2.0.62.4-ENG (CVE-2020-5851)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ頼っていることに注意してください。

ソリューション

F5 Solution K91171450 に記載されている非脆弱性バージョンのいずれかにアップグレードしてください。

参考資料

https://my.f5.com/manage/s/article/K91171450

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 184298

ファイル名: f5_bigip_SOL91171450.nasl

バージョン: 1.0

タイプ: local

公開日: 2023/11/3

更新日: 2023/11/3

設定: パラノイドモードの有効化

サポートされているセンサー: Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Low

基本値: 2.1

現状値: 1.6

ベクトル: CVSS2#AV:L/AC:L/Au:N/C:N/I:P/A:N

CVSS スコアのソース: CVE-2020-5851

CVSS v3

リスクファクター: Medium

基本値: 4.6

現状値: 4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:P/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:H/A:N

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:f5:big-ip_access_policy_manager, cpe:/a:f5:big-ip_advanced_firewall_manager, cpe:/a:f5:big-ip_application_acceleration_manager, cpe:/a:f5:big-ip_application_security_manager, cpe:/a:f5:big-ip_application_visibility_and_reporting, cpe:/a:f5:big-ip_domain_name_system, cpe:/a:f5:big-ip_global_traffic_manager, cpe:/a:f5:big-ip_link_controller, cpe:/a:f5:big-ip_local_traffic_manager, cpe:/a:f5:big-ip_policy_enforcement_manager, cpe:/a:f5:big-ip_webaccelerator, cpe:/h:f5:big-ip

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Settings/ParanoidReport, Host/BIG-IP/hotfix, Host/BIG-IP/modules, Host/BIG-IP/version

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/1/13

脆弱性公開日: 2020/1/14

参照情報

CVE: CVE-2020-5851