Amazon Linux 2023 : squid (ALAS2023-2023-429)

medium Nessus プラグイン ID 185721

概要

リモートの Amazon Linux 2023 ホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

したがって、ALAS2023-2023-429 のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- Squid は Web 用のキャッシングプロキシです。指定されたインデックスの不適切な検証のバグのため、3.3.0.1 から 5.9 までと、`--with-openssl` を使用してコンパイルされた 6.4 より前の 6.0 の各 Squid バージョンは、SSL 証明書の検証に対するサービス拒否攻撃に脆弱です。この問題により、リモートサーバーは、サーバー証明書チェーンで特別に細工された SSL 証明書で TLS ハンドシェイクを開始することで、Squid プロキシに対してサービス拒否を実行できます。この攻撃は、HTTPS および SSL-Bump に限定されます。このバグは、Squid バージョン 6.4 で修正されています。さらに、この問題に対処する、安定版 (stable) リリース用のパッチが、Squid のパッチアーカイブにあります。Squid のパッケージ済みバージョンを使用するユーザーは、更新済みパッケージの入手可能性情報についてパッケージベンダーに問い合わせる必要があります。(CVE-2023-46724)

- Squid は、HTTP、HTTPS、FTP などをサポートする Web 用のキャッシングプロキシです。NULL ポインターデリファレンスのバグにより、Squid は Squid の Gopher ゲートウェイに対するサービス拒否攻撃に脆弱です。gopher プロトコルは常に利用可能で、Squid 6.0.1 より前の Squid で有効になっています。このバグを発生させる応答は、悪意のないものも含めて、どの gopher サーバーからも受信する可能性があります。Gopher サポートは Squid バージョン 6.0.1 で削除されました。ユーザーにアップグレードすることを推奨します。アップグレードできないユーザーは、すべての gopher URL リクエストを拒否する必要があります。(CVE-2023-46728)

- SQUID は、チャンクデコーダーレニエンスによって引き起こされる HTTP リクエストスマグリングに対して脆弱です。これにより、リモートの攻撃者が、リクエスト/応答スマグリングを実行して、ファイヤーウォールやフロントエンドセキュリティシステムを通過する可能性があります。
(CVE-2023-46846)

- Squid はサービス拒否に対して脆弱であり、リモートの攻撃者が ftp: // URL を HTTP Request メッセージで送信したり、ftp: // URL を FTP Native から構築したりすることで、DoS を実行する可能性があります。(CVE-2023-46848)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存していることに注意してください。

ソリューション

[dnf update squid --releasever 2023.2.20231113] を実行してシステムを更新してください。

参考資料

https://alas.aws.amazon.com/AL2023/ALAS-2023-429.html

https://alas.aws.amazon.com/faqs.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2023-46724.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2023-46728.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2023-46846.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2023-46848.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 185721

ファイル名: al2023_ALAS2023-2023-429.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2023/11/15

更新日: 2023/12/20

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

基本値: 5

現状値: 3.7

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:P/A:N

CVSS スコアのソース: CVE-2023-46846

CVSS v3

リスクファクター: Medium

基本値: 5.3

現状値: 4.6

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:L/A:N

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:squid, p-cpe:/a:amazon:linux:squid-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:squid-debugsource, cpe:/o:amazon:linux:2023

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2023/11/9

脆弱性公開日: 2023/11/1

参照情報

CVE: CVE-2023-46724, CVE-2023-46728, CVE-2023-46846, CVE-2023-46848