RHEL 9 : kernel-rt (RHSA-2023: 7389)

high Nessus プラグイン ID 186073

概要

リモートの Red Hat ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートの Redhat Enterprise Linux 9 ホストにインストールされているパッケージは、RHSA-2023: 7389 のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- Linux カーネルの net/sched/sch_api.c の qdisc_graft に、競合の問題によるメモリ解放後使用 (use-after-free) の欠陥が見つかりました。この欠陥により、サービス拒否の問題が発生します。パッチ ebda44da44f6 (net: sched: qdisc_graft() の競合状態を修正) が未適用の場合、カーネルが影響を受ける可能性があります。(CVE-2023-0590)

- 特定のマイクロアーキテクチャの状況での Zen 2 CPU の問題により、攻撃者が機密情報にアクセスする可能性があります。(CVE-2023-20593)

- Linux カーネルの net/sched: cls_fw コンポーネントは、悪用されて、ローカルの権限昇格が行われる可能性があります。tcf_change_indev() が失敗した場合、fw_set_parms() は tcf_bind_filter() で参照カウンターをインクリメントまたはデクリメントした直後にエラーを返します。攻撃者が参照カウンターを制御してゼロに設定できる場合、参照が解放されメモリ解放後使用 (Use After Free) の脆弱性が発生する可能性があります。過去のコミット 0323bce598eea038714f941ce2b22541c46d488f へのアップグレードを推奨します。
(CVE-2023-3776)

- Linux カーネルの TUN/TAP デバイスドライバー機能において、napi frags が有効な場合、ユーザーが悪質な (大きすぎる) ネットワーキングパケットを生成する方法における領域外メモリアクセスの欠陥が見つかりました。この欠陥によりローカルユーザーがクラッシュさせたり、システムで自分の権限を昇格させたりする可能性があります。(CVE-2023-3812)

- ユーザーが NFT_SET_EXT_KEY_END なしで要素を持つ nft_pipapo_remove 関数をトリガーする方法で、Linux カーネルの netfilter にメモリ解放後使用 (Use After Free) の欠陥が見つかりました。ローカルユーザーはこの欠陥を利用して、システムをクラッシュしたり、システム上で権限を昇格したりする可能性があります。(CVE-2023-4004)

- NFTA_RULE_CHAIN_ID を持つルールを追加する際に、Linux カーネルの Netfilter 機能にメモリ解放後使用 (Use After Free) の欠陥が見つかりました。この欠陥により、ローカル ユーザーがクラッシュさせたり、システム上で権限を昇格させたりする可能性があります。
(CVE-2023-4147)

- Linux カーネルの netfilter サブシステムに、配列インデックスの脆弱性が見つかりました。マクロの欠如により、[h->nets] 配列オフセットの計算ミスを引き起こし、プリミティブを使用する攻撃者がメモリバッファを任意に領域外でインクリメント/デクリメントできるようになる可能性があります。ローカルユーザーはこの欠陥を利用して、システムをクラッシュしたり、システム上で権限を昇格したりする可能性があります。(CVE-2023-42753)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存していることに注意してください。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

参考資料

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2023-4004

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2023-4147

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2023-20593

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2023-42753

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2023:7389

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2023-0590

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2023-3776

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2023-3812

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 186073

ファイル名: redhat-RHSA-2023-7389.nasl

バージョン: 1.0

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2023/11/21

更新日: 2023/11/21

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5.3

ベクトル: CVSS2#AV:L/AC:L/Au:S/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2023-42753

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:redhat:rhel_e4s:9.0, cpe:/o:redhat:rhel_eus:9.0, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-core, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug-core, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug-kvm, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug-modules, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug-modules-extra, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-kvm, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-modules, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-modules-extra

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2023/11/21

脆弱性公開日: 2022/12/1

参照情報

CVE: CVE-2023-0590, CVE-2023-20593, CVE-2023-3776, CVE-2023-3812, CVE-2023-4004, CVE-2023-4147, CVE-2023-42753

CWE: 1239, 191, 416, 787

RHSA: 2023:7389