RHEL 9 : c-ares (RHSA-2023: 7368)

high Nessus プラグイン ID 186074

概要

リモートの Red Hat ホストにセキュリティ更新プログラムが適用されていません。

説明

リモート Redhat Enterprise Linux 9 ホストにインストールされているパッケージは、RHSA-2023: 7368 のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- c-ares パッケージに欠陥が見つかりました。ares_set_sortlist に、入力文字列の有効性に関するチェックがないため、任意の長さのスタックオーバーフローが発生する可能性があります。この問題により、サービス拒否または機密性と整合性への限定的な影響が発生する可能性があります。(CVE-2022-4904)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存していることに注意してください。

ソリューション

影響を受ける c-ares や c-ares-devel パッケージを更新してください。

参考資料

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2022-4904

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2023:7368

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 186074

ファイル名: redhat-RHSA-2023-7368.nasl

バージョン: 1.0

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2023/11/21

更新日: 2023/11/21

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.5

CVSS v2

リスクファクター: High

基本値: 9

現状値: 7

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-4904

CVSS v3

リスクファクター: High

基本値: 8.6

現状値: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:L/I:L/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:redhat:rhel_aus:9.2, cpe:/o:redhat:rhel_e4s:9.2, cpe:/o:redhat:rhel_eus:9.2, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:c-ares, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:c-ares-devel

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2023/11/21

脆弱性公開日: 2023/2/20

参照情報

CVE: CVE-2022-4904

CWE: 119, 20

RHSA: 2023:7368