Amazon Linux 2: net-snmp (ALAS-2023-2366)

high Nessus プラグイン ID 186569

概要

リモートの Amazon Linux 2 ホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされているnet-snmpのバージョンは5.7.2-49より前のです。したがって、ALAS2-2023-2366 のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- net-snmp に欠陥が見つかりました。NET-SNMP-VACM-MIB の INDEX の処理にバッファオーバーフローがあり、領域外メモリアクセスの問題が発生する可能性があります。(CVE-2022-24805)

- net-snmp に欠陥が見つかりました。この問題は、マスターエージェントとサブエージェントで無効な形式の OID を同時に設定する際の不適切な入力検証によって発生します。(CVE-2022-24806)

- net-snmp に欠陥が見つかりました。SNMP-VIEW-BASED-ACM-MIB: : vacmAccessTable への SET 要求に不正な OID が含まれていると、領域外メモリアクセスの問題を引き起こす可能性があります。(CVE-2022-24807)

- net-snmp に欠陥が見つかりました。NET-SNMP-AGENT-MIB: : nsLogTable への SET 要求に不正な OID が含まれていると、NULL ポインターデリファレンスの問題を引き起こす可能性があります。(CVE-2022-24808)

- net-snmp に欠陥が見つかりました。nsVacmAccessTable への GET-NEXT に不正な OID が含まれていると、NULL ポインターデリファレンスの問題を引き起こす可能性があります。(CVE-2022-24809)

- net-snmp に欠陥が見つかりました。nsVacmAccessTable への SET に不正な OID が含まれていると、NULL ポインターデリファレンスの問題を引き起こす可能性があります。(CVE-2022-24810)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存していることに注意してください。

ソリューション

「yum update net-snmp」を実行してシステムを更新してください。

参考資料

https://alas.aws.amazon.com/AL2/ALAS-2023-2366.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-24805.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-24806.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-24807.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-24808.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-24809.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-24810.html

https://alas.aws.amazon.com/faqs.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 186569

ファイル名: al2_ALAS-2023-2366.nasl

バージョン: 1.0

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2023/12/4

更新日: 2023/12/4

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.0

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2022-24810

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:net-snmp, p-cpe:/a:amazon:linux:net-snmp-agent-libs, p-cpe:/a:amazon:linux:net-snmp-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:net-snmp-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:net-snmp-gui, p-cpe:/a:amazon:linux:net-snmp-libs, p-cpe:/a:amazon:linux:net-snmp-perl, p-cpe:/a:amazon:linux:net-snmp-python, p-cpe:/a:amazon:linux:net-snmp-sysvinit, p-cpe:/a:amazon:linux:net-snmp-utils, cpe:/o:amazon:linux:2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2023/11/29

脆弱性公開日: 2022/8/4

参照情報

CVE: CVE-2022-24805, CVE-2022-24806, CVE-2022-24807, CVE-2022-24808, CVE-2022-24809, CVE-2022-24810

IAVA: 2022-A-0305