Amazon Linux 2: openssl11 (ALAS-2023-2351)

medium Nessus プラグイン ID 186572

概要

リモートの Amazon Linux 2 ホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされている openssl11 のバージョンは、1.1.1g-12 より前のバージョンです。したがって、ALAS2-2023-2351 のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- 問題の要約: 過度に長い X9.42 DH 鍵の生成、または過度に長い X9.42 DH 鍵またはパラメーターのチェックは、非常に遅くなる場合があります。影響の概要: 関数 DH_generate_key() を使用して X9.42 DH 鍵を生成するアプリケーションは、長い遅延が発生する可能性があります。同様に、DH_check_pub_key()、DH_check_pub_key_ex()、または EVP_PKEY_public_check() を使用して X9.42 DH 鍵または X9.42 DH パラメーターをチェックするアプリケーションは、長い遅延が発生する可能性があります。チェックされているキーまたはパラメーターが信頼できないソースから取得された場合、サービス拒否が引き起こされる可能性があります。DH_check() が必要なすべてのチェックを実行する一方で (CVE-2023-3817 時点)、DH_check_pub_key() はこれらのチェックを一切行わないため、過度に大きな P および Q パラメーターに対して脆弱です。同様に、DH_generate_key() は過度に大きな P に対してチェックを実行しますが、過度に大きな Q に対してはチェックしません。DH_generate_key() または DH_check_pub_key() を呼び出し、信頼できないソースから取得した鍵またはパラメーターを供給するアプリケーションは、DoS 攻撃 (サービス拒否攻撃) に脆弱です。DH_generate_key() および DH_check_pub_key() は、多数の他の OpenSSL 関数によっても呼び出されます。他の関数を呼び出すアプリケーションも同様に影響を受ける可能性があります。これによって影響を受ける他の関数は、DH_check_pub_key_ex()、EVP_PKEY_public_check()、EVP_PKEY_generate() です。OpenSSL genpkey コマンドラインアプリケーションと同様に、-pubcheck オプションを使用するときの OpenSSL pkey コマンドラインアプリケーションも脆弱です。
OpenSSL SSL/TLS の実装は、この問題の影響を受けません。OpenSSL 3.0 および 3.1 FIPS プロバイダーは、この問題の影響を受けません。(CVE-2023-5678)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存していることに注意してください。

ソリューション

「yum update openssl11」を実行してシステムを更新してください。

参考資料

https://alas.aws.amazon.com/AL2/ALAS-2023-2351.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2023-5678.html

https://alas.aws.amazon.com/faqs.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 186572

ファイル名: al2_ALAS-2023-2351.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2023/12/4

更新日: 2024/4/11

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 2.2

CVSS v2

リスクファクター: Medium

基本値: 5

現状値: 3.7

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2023-5678

CVSS v3

リスクファクター: Medium

基本値: 5.3

現状値: 4.6

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:L

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:openssl11, p-cpe:/a:amazon:linux:openssl11-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:openssl11-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:openssl11-libs, p-cpe:/a:amazon:linux:openssl11-static, cpe:/o:amazon:linux:2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2023/11/29

脆弱性公開日: 2023/11/6

参照情報

CVE: CVE-2023-5678

IAVA: 2024-A-0121-S