Oracle Linux 8:thunderbird (ELSA-2024-0003)

high Nessus プラグイン ID 187629

概要

リモートの Oracle Linux ホストに、1 つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートの Oracle Linux 8 ホストに、ELSA-2024-0003 アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- シンボリックリンクを解決する際に、競合が発生し、`readlink` に渡されるバッファが実際には必要より小さい場合があります。*このバグは、Unix ベースのオペレーティングシステム (Android、Linux、MacOS) の Firefox にのみ影響します。
Windows は影響を受けません。* この脆弱性の影響を受けるのは、Firefox ESR < 115.6、Thunderbird < 115.6、Firefox < 121 です。(CVE-2023-6857)

- `ShutdownObserver()` は、仮想デストラクターを持たない動的な型に依存しているため、未定義の動作を引き起こす可能性がありました。この脆弱性の影響を受けるのは、Firefox ESR < 115.6、Thunderbird < 115.6、Firefox < 121 です。(CVE-2023-6863)

- Firefox 120、Firefox ESR 115.5、および Thunderbird 115.5 に存在するメモリの安全性のバグ。これらのバグの一部にはメモリ破損の証拠が示されており、当社では、手間をかけることにより、これらの一部が悪用され、任意のコードが実行される可能性があると推測しています。この脆弱性の影響を受けるのは、Firefox ESR < 115.6、Thunderbird < 115.6、Firefox < 121 です。(CVE-2023-6864)

- `VideoBridge` により、コンテンツプロセスが、リモートデコーダーによって生成されたテクスチャを使用する可能性があります。これは、サンドボックスをエスケープするために悪用される可能性があります。この脆弱性の影響を受けるのは、Firefox ESR < 115.6、Thunderbird < 115.6、Firefox < 121 です。(CVE-2023-6860)

- デジタル署名されたテキストを含む PGP/MIME ペイロードを処理する際、テキストの最初の段落がユーザーに表示されていませんでした。これは、テキストが MIME メッセージとして解釈され、最初の段落が常にメールヘッダーセクションとして扱われるためです。署名された GIT コミットなど、異なるコンテキストからのデジタル署名されたテキストが、メールメッセージのなりすましに使用される可能性があります。この脆弱性の影響を受けるのは、Thunderbird < 115.6です。(CVE-2023-50762)

- Firefox は、OOM 処理が不十分なため `nsTextFragment` のヒープバッファオーバーフローの影響を受けます。
この脆弱性の影響を受けるのは、Firefox ESR < 115.6、Thunderbird < 115.6、Firefox < 121 です。(CVE-2023-6858)

- `nsWindow: : PickerOpen(void)` メソッドは、ヘッドレスモードで実行する際に、ヒープバッファオーバーフローの影響を受けやすくなっていました。この脆弱性の影響を受けるのは、Firefox ESR < 115.6、Thunderbird < 115.6、Firefox < 121 です。
(CVE-2023-6861)

- デジタル署名された S/MIME メールメッセージの署名では、オプションで署名作成日時を指定できます。存在する場合、Thunderbird は署名作成日とメッセージの日時を比較せず、日付または時刻の不一致があっても有効な署名を表示していました。これにより、受信者に対してメッセージが異なる日付や時間に送信されたかのような印象を与えることができました。この脆弱性の影響を受けるのは、Thunderbird < 115.6です。(CVE-2023-50761)

- WebGL `DrawElementsInstanced` メソッドは、Mesa VM ドライバーを搭載したシステムで使用されると、ヒープバッファオーバーフローの影響を受けやすい状態でした。この問題により、攻撃者がリモートでコードを実行したり、サンドボックスを回避したりする可能性があります。この脆弱性の影響を受けるのは、Firefox ESR < 115.6、Thunderbird < 115.6、Firefox < 121 です。
(CVE-2023-6856)

- メモリが圧迫されているとき、メモリ解放後使用 (Use After Free) 状態が TLS ソケットの作成に影響を与えます。この脆弱性の影響を受けるのは、Firefox ESR < 115.6、Thunderbird < 115.6、Firefox < 121 です。(CVE-2023-6859)

- メモリ解放後使用 (Use After Free) が `nsDNSService: : Init` で特定されました。この問題は起動中にまれに発生します。この脆弱性の影響を受けるのは、Firefox ESR < 115.6 と Thunderbird < 115.6 です。(CVE-2023-6862)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存していることに注意してください。

ソリューション

影響を受ける thunderbird パッケージを更新してください。

参考資料

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2024-0003.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 187629

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2024-0003.nasl

バージョン: 1.1

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2024/1/3

更新日: 2024/1/26

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Critical

基本値: 10

現状値: 7.4

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2023-6864

CVSS v3

リスクファクター: High

基本値: 8.8

現状値: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:linux:8::appstream, cpe:/o:oracle:linux:8, p-cpe:/a:oracle:linux:thunderbird

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/OracleLinux

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2024/1/3

脆弱性公開日: 2023/12/19

参照情報

CVE: CVE-2023-50761, CVE-2023-50762, CVE-2023-6856, CVE-2023-6857, CVE-2023-6858, CVE-2023-6859, CVE-2023-6860, CVE-2023-6861, CVE-2023-6862, CVE-2023-6863, CVE-2023-6864

IAVA: 2023-A-0702-S