Oracle Linux 8: frr (ELSA-2024-0130)

critical Nessus プラグイン ID 188026

概要

リモートの Oracle Linux ホストに、1 つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートの Oracle Linux 8 ホストに、ELSA-2024-0130 アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- 8.5 以前の FRRouting (FRR) の bgpd/bgp_label.c では、ラベル付きユニキャスト解析中にストリームの終わりを越えて読み取ろうとします。(CVE-2023-38407)

- 9.0.1 までの FRRouting FRR で問題が検出されました。MP_UNREACH_NLRI 属性および追加の NLRI データ(必須のパス属性がない)を含む細工された BGP UPDATE メッセージを処理する際に、クラッシュが発生する可能性があります。(CVE-2023-47234)

- 9.0.1 までの FRRouting FRR で問題が検出されました。EOR があると treat-as-withdraw の結果にならないため、EOR がある無効な形式の BGP UPDATE メッセージが処理されるときにクラッシュが発生する可能性があります。(CVE-2023-47235)

- 8.4.3 以前の FRRouting (FRR) の bgpd/bgp_flowspec.c で、nlri の長さがゼロの場合に誤った処理が行われる、flowpec オーバーフローが発生します。(CVE-2023-38406)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存していることに注意してください。

ソリューション

影響を受ける frr および/または frr-selinux パッケージを更新してください。

参考資料

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2024-0130.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 188026

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2024-0130.nasl

バージョン: 1.0

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2024/1/12

更新日: 2024/1/12

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Critical

基本値: 10

現状値: 7.4

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2023-38406

CVSS v3

リスクファクター: Critical

基本値: 9.8

現状値: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:linux:frr-selinux, cpe:/a:oracle:linux:8::appstream, p-cpe:/a:oracle:linux:frr, cpe:/o:oracle:linux:8

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2024/1/12

脆弱性公開日: 2023/11/3

参照情報

CVE: CVE-2023-38406, CVE-2023-38407, CVE-2023-47234, CVE-2023-47235