Oracle Linux 8:openssl (ELSA-2024-12056)

medium Nessus プラグイン ID 188028

概要

リモートの Oracle Linux ホストに、1 つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートの Oracle Linux 8 ホストに、ELSA-2024-12056 アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- 問題の要約: 過度に長い X9.42 DH 鍵の生成、または過度に長い X9.42 DH 鍵またはパラメーターのチェックは、非常に遅くなる場合があります。影響の概要: 関数 DH_generate_key() を使用して X9.42 DH 鍵を生成するアプリケーションは、長い遅延が発生する可能性があります。同様に、DH_check_pub_key()、DH_check_pub_key_ex()、または EVP_PKEY_public_check() を使用して X9.42 DH 鍵または X9.42 DH パラメーターをチェックするアプリケーションは、長い遅延が発生する可能性があります。チェックされているキーまたはパラメーターが信頼できないソースから取得された場合、サービス拒否が引き起こされる可能性があります。DH_check() が必要なすべてのチェックを実行する一方で (CVE-2023-3817 時点)、DH_check_pub_key() はこれらのチェックを一切行わないため、過度に大きな P および Q パラメーターに対して脆弱です。同様に、DH_generate_key() は過度に大きな P に対してチェックを実行しますが、過度に大きな Q に対してはチェックしません。DH_generate_key() または DH_check_pub_key() を呼び出し、信頼できないソースから取得した鍵またはパラメーターを供給するアプリケーションは、DoS 攻撃 (サービス拒否攻撃) に脆弱です。DH_generate_key() および DH_check_pub_key() は、多数の他の OpenSSL 関数によっても呼び出されます。他の関数を呼び出すアプリケーションも同様に影響を受ける可能性があります。これによって影響を受ける他の関数は、DH_check_pub_key_ex()、EVP_PKEY_public_check()、EVP_PKEY_generate() です。OpenSSL genpkey コマンドラインアプリケーションと同様に、-pubcheck オプションを使用するときの OpenSSL pkey コマンドラインアプリケーションも脆弱です。
OpenSSL SSL/TLS の実装は、この問題の影響を受けません。OpenSSL 3.0 および 3.1 FIPS プロバイダーは、この問題の影響を受けません。(CVE-2023-5678)

- 問題の要約: 過度に長い DH キーまたはパラメーターのチェックは、非常に遅くなる可能性があります。影響の概要:
DH_check()、DH_check_ex() または EVP_PKEY_param_check() 関数を使用して DH キーまたは DH パラメーターをチェックするアプリケーションは、長い遅延が発生する可能性があります。チェックされているキーまたはパラメーターが信頼できないソースから取得された場合、サービス拒否が引き起こされる可能性があります。DH_check() 関数は、DH パラメーターのさまざまなチェックを実行します。これらのチェックの 1 つで、係数 (「p」パラメーター) が大きすぎないことを確認します。非常に大きな係数を使用すると遅くなるため、OpenSSL は通常、長さが 10,000 ビットを超える係数を使用しません。ただし、DH_check() 関数は、提供されたキーまたはパラメーターのさまざまな側面をチェックします。これらのチェックの中には、すでに大きすぎることが判明している場合でも、提供された係数値を使用するものがあります。DH_check() を呼び出し、信頼できないソースから取得したキーまたはパラメーターを提供するアプリケーションは、サービス拒否攻撃を受けやすくなる可能性があります。関数 DH_check() は、それ自体が多数の他の OpenSSL 関数によって呼び出されます。他の関数を呼び出すアプリケーションも同様に影響を受ける可能性があります。これによって影響を受ける他の関数は、DH_check_ex() と EVP_PKEY_param_check() です。OpenSSL の dhparam および pkeyparam コマンドラインアプリケーションも、「-check」オプションを使用する際に脆弱です。OpenSSL SSL/TLS の実装は、この問題の影響を受けません。OpenSSL 3.0 および 3.1 FIPS プロバイダーは、この問題の影響を受けません。(CVE-2023-3446)

- 問題の要約: 過度に長い DH キーまたはパラメーターのチェックは、非常に遅くなる可能性があります。影響の概要:
DH_check()、DH_check_ex() または EVP_PKEY_param_check() 関数を使用して DH キーまたは DH パラメーターをチェックするアプリケーションは、長い遅延が発生する可能性があります。チェックされているキーまたはパラメーターが信頼できないソースから取得された場合、サービス拒否が引き起こされる可能性があります。DH_check() 関数は、DH パラメーターのさまざまなチェックを実行します。CVE-2023-3446 の修正後、大きな q パラメーター値も、これらのチェックの一部で過度に長い計算をトリガーする可能性があることが発見されました。正しい q 値は、存在する場合でも、係数 p パラメーターより大きくすることはできません。したがって、q が p より大きい場合は、これらのチェックを実行する必要はありません。DH_check() を呼び出し、信頼できないソースから取得したキーまたはパラメーターを提供するアプリケーションは、サービス拒否攻撃に対して脆弱な可能性があります。関数 DH_check() は、それ自体が多数の他の OpenSSL 関数によって呼び出されます。他の関数を呼び出すアプリケーションも同様に影響を受ける可能性があります。これによって影響を受ける他の関数は、DH_check_ex() と EVP_PKEY_param_check() です。
OpenSSL の dhparam および pkeyparam コマンドラインアプリケーションも、「-check」オプションを使用する際に脆弱です。OpenSSL SSL/TLS の実装は、この問題の影響を受けません。OpenSSL 3.0 および 3.1 FIPS プロバイダーは、この問題の影響を受けません。(CVE-2023-3817)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存していることに注意してください。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

参考資料

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2024-12056.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 188028

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2024-12056.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2024/1/12

更新日: 2024/4/11

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 2.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

基本値: 5

現状値: 3.7

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2023-5678

CVSS v3

リスクファクター: Medium

基本値: 5.3

現状値: 4.6

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:L

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:linux:8::userspace_ksplice, cpe:/o:oracle:linux:8, p-cpe:/a:oracle:linux:openssl, p-cpe:/a:oracle:linux:openssl-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:openssl-libs, p-cpe:/a:oracle:linux:openssl-perl, p-cpe:/a:oracle:linux:openssl-static

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2024/1/10

脆弱性公開日: 2023/7/13

参照情報

CVE: CVE-2023-3446, CVE-2023-3817, CVE-2023-5678

IAVA: 2023-A-0398-S, 2024-A-0121-S