RHEL 8: python-requests (RHSA-2024: 0299)

medium Nessus プラグイン ID 189192

概要

リモートの Red Hat ホストにセキュリティ更新プログラムが適用されていません。

説明

リモート Redhat Enterprise Linux 8 ホストにインストールされているパッケージは、RHSA-2024: 0299 のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- Requests は HTTP ライブラリです。Requests 2.3.0以降では、Requests が HTTPS エンドポイントにリダイレクトされた際に、Proxy-Authorization ヘッダーが宛先サーバーに漏洩しています。これは、リクエストを「Proxy-Authorization」ヘッダーに再添付するために「rebuild_proxies」を使用する方法の製品です。トンネル経由で送信される HTTP 接続の場合、プロキシはリクエスト自体のヘッダーを識別し、宛先サーバーに転送する前にそれを削除します。ただし、プロキシはトンネル化されたリクエストを確認できないため、HTTPS 経由で送信するときは、CONNECT リクエストで「Proxy-Authorization」ヘッダーを送信する必要があります。これにより、リクエストが意図せずにプロキシ認証情報を宛先サーバーに転送し、悪意のある攻撃者が機密情報を漏洩させる可能性があります。この問題には、バージョン 2.31.0でパッチが適用されています。
(CVE-2023-32681)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存していることに注意してください。

ソリューション

影響を受ける python3-requests パッケージを更新してください。

参考資料

http://www.nessus.org/u?837b84a9

https://access.redhat.com/security/updates/classification/#moderate

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=2209469

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2024:0299

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 189192

ファイル名: redhat-RHSA-2024-0299.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2024/1/18

更新日: 2024/6/4

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.2

CVSS v2

リスクファクター: Medium

基本値: 5.4

現状値: 4.2

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:H/Au:N/C:C/I:N/A:N

CVSS スコアのソース: CVE-2023-32681

CVSS v3

リスクファクター: Medium

基本値: 6.1

現状値: 5.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:R/S:C/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:python3-requests, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:python-requests, cpe:/o:redhat:rhel_eus:8.6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2024/1/18

脆弱性公開日: 2023/5/22

参照情報

CVE: CVE-2023-32681

CWE: 402

RHSA: 2024:0299