openSUSE 15 セキュリティ更新: chromium (openSUSE-SU-2024:0025-1)

high Nessus プラグイン ID 189251

Language:

概要

リモートの openSUSE ホストに 1 つ以上のセキュリティ アップデートがありません。

説明

リモートの openSUSE 15 ホストには、openSUSE-SU-2024:0025-1 のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- 120.0.6099.224 より前の Google Chrome の V8 に領域外書き込みがあるため、細工された HTML ページを介してリモートの攻撃者がヒープ破損を悪用する可能性があります。(Chromium のセキュリティ深刻度: 高) (CVE-2024-0517)

- 120.0.6099.224より前の Google Chrome の V8 での型の取り違え (Type Confusion) により、リモートの攻撃者が、細工された HTML ページを介してヒープ破損を悪用する可能性がありました。(Chromium のセキュリティ深刻度: 高) (CVE-2024-0518)

- 120.0.6099.224より前の Google Chrome の V8 での領域外メモリアクセスにより、リモート攻撃者が、細工された HTML ページを介してヒープ破損を悪用する可能性がありました。(Chromium のセキュリティ深刻度: 高) (CVE-2024-0519)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存していることに注意してください。

ソリューション

影響を受ける chromedriver および / または chromium パッケージを更新してください。

参考資料

https://bugzilla.suse.com/1218892

http://www.nessus.org/u?593e4484

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2024-0517

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2024-0518

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2024-0519

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 189251

ファイル名: openSUSE-2024-0025-1.nasl

バージョン: 1.1

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2024/1/20

更新日: 2024/1/23

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.4

CVSS v2

リスクファクター: Critical

基本値: 10

現状値: 8.3

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2024-0519

CVSS v3

リスクファクター: High

基本値: 8.8

現状値: 8.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:F/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:chromedriver, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromium, cpe:/o:novell:opensuse:15.5

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2024/1/18

脆弱性公開日: 2024/1/16

CISA の既知の悪用された脆弱性の期限日: 2024/2/7

参照情報

CVE: CVE-2024-0517, CVE-2024-0518, CVE-2024-0519