Ubuntu 20.04 LTS/22.04 LTS/23.10:MySQL の脆弱性 (USN-6615-1)

medium Nessus プラグイン ID 189776

概要

リモート Ubuntu ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

リモートのUbuntu 20.04LTS/22.04 LTS/23.10ホストには、USN-6615-1のアドバイザリに記載された複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- Oracle MySQL の MySQL Server 製品における脆弱性 (コンポーネント: サーバー: Optimizer)。影響を受けるサポート対象のバージョンは8.0.35以前および8.2.0以前です。容易に悪用可能な脆弱性により、権限が低い攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Server を侵害する可能性があります。
この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なく MySQL Server をハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする可能性 (完全な DOS) があります。(CVE-2024-20961、CVE-2024-20973、CVE-2024-20977)

- Oracle MySQL の MySQL Server 製品における脆弱性 (コンポーネント: サーバー: Security: 暗号化)。
影響を受けるサポート対象のバージョンは8.0.35以前および8.2.0以前です。容易に悪用可能な脆弱性により、権限が低い攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Server を侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なく MySQL Server をハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする可能性 (完全な DOS) があります。(CVE-2024-20963)

- Oracle MySQL の MySQL Server 製品における脆弱性 (コンポーネント: サーバー: Optimizer)。影響を受けるサポート対象のバージョンは8.0.35以前および8.2.0以前です。容易に悪用可能な脆弱性により、高い権限を持つ攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Server を侵害する可能性があります。
この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なく MySQL Server をハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする可能性 (完全な DOS) があります。(CVE-2024-20965、CVE-2024-20971)

- Oracle MySQL の MySQL Server 製品における脆弱性 (コンポーネント: サーバー: Replication)。影響を受けるサポート対象のバージョンは 8.0.35 以前および 8.2.0 以前です。容易に悪用可能な脆弱性により、高い権限を持つ攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Server を侵害する可能性があります。
この脆弱性による攻撃が成功すると、権限なしで MySQL Server がアクセスできるデータの一部にアクセスして、更新、挿入、削除したり、さらに MySQL Server でハングを引き起こしたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする (完全な DOS) 可能性があります。(CVE-2024-20967)

- Oracle MySQL の MySQL Server 製品における脆弱性 (コンポーネント: サーバー: DDL) 影響を受けるサポート対象のバージョンは8.0.35以前および8.2.0以前です。容易に悪用可能な脆弱性により、高い権限を持つ攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Server を侵害する可能性があります。この脆弱性による攻撃が成功すると、権限なしで MySQL Server がアクセスできるデータの一部にアクセスして、更新、挿入、削除したり、さらに MySQL Server でハングを引き起こしたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする (完全な DOS) 可能性があります。(CVE-2024-20969)

- Oracle MySQL の MySQL Server 製品における脆弱性 (コンポーネント: サーバー: DDL) 影響を受けるサポート対象のバージョンは8.0.35以前および8.2.0以前です。容易に悪用可能な脆弱性により、高い権限を持つ攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Server を侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なく MySQL Server をハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする可能性 (完全な DOS) があります。(CVE-2024-20981)

- Oracle MySQL の MySQL Server 製品における脆弱性 (コンポーネント: サーバー: DML)。影響を受けるサポート対象のバージョンは 8.0.34以前です。容易に悪用可能な脆弱性により、高い権限を持つ攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Server を侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なく MySQL Server をハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする可能性 (完全な DOS) があります。(CVE-2024-20983)

- Oracle MySQL の MySQL Server 製品における脆弱性 (コンポーネント: サーバー: UDF)。影響を受けるサポート対象のバージョンは8.0.35以前および8.2.0以前です。容易に悪用可能な脆弱性により、権限が低い攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Server を侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なく MySQL Server をハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする可能性 (完全な DOS) があります。(CVE-2024-20985)

- この脆弱性は、MySQL サーバーの Server: RAPID コンポーネント内で入力を適切に検証していないために存在します。認証されたリモートのユーザーがこの脆弱性を悪用してサービス拒否 (DoS) 攻撃を仕掛ける可能性があります。(CVE-2024-20960)

- この脆弱性は、MySQL サーバーの Server: Optimizer コンポーネント内で入力を適切に検証していないために存在します。認証されたリモートのユーザーがこの脆弱性を悪用してサービス拒否 (DoS) 攻撃を仕掛ける可能性があります。(CVE-2024-20962)

- この脆弱性は、MySQL サーバーの Server: Security: Privileges コンポーネント内で入力を適切に検証していないために存在します。認証されたリモートのユーザーがこの脆弱性を悪用してサービス拒否 (DoS) 攻撃を仕掛ける可能性があります。(CVE-2024-20964)

- この脆弱性は、MySQL サーバーの Server: Optimizer コンポーネント内で入力を適切に検証していないために存在します。リモートの特権ユーザーがこの脆弱性を悪用してサービス拒否 (DoS) 攻撃を仕掛ける可能性があります。(CVE-2024-20966、CVE-2024-20970、CVE-2024-20972、CVE-2024-20974、CVE-2024-20976、CVE-2024-20978、CVE-2024-20982)

- この脆弱性は、MySQL サーバーの Server : Security : Firewall コンポーネント内で入力を適切に検証していないために存在します。リモートの特権ユーザーがこの脆弱性を悪用してサービス拒否 (DoS) 攻撃を仕掛ける可能性があります。(CVE-2024-20984)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存していることに注意してください。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

参考資料

https://ubuntu.com/security/notices/USN-6615-1

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 189776

ファイル名: ubuntu_USN-6615-1.nasl

バージョン: 1.0

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2024/1/30

更新日: 2024/1/30

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.2

CVSS v2

リスクファクター: Medium

基本値: 6.8

現状値: 5

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:M/C:N/I:P/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2024-20969

CVSS v3

リスクファクター: Medium

基本値: 5.5

現状値: 4.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:H/UI:N/S:U/C:N/I:L/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:mysql-router, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:mysql-server-core-8.0, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:mysql-testsuite-8.0, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:22.04:-:lts, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:mysql-client-8.0, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:mysql-source-8.0, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libmysqlclient-dev, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:mysql-client, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:mysql-testsuite, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libmysqlclient21, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:mysql-client-core-8.0, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:mysql-server-8.0, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:23.10, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:20.04:-:lts, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:mysql-server

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2024/1/30

脆弱性公開日: 2024/1/16

参照情報

CVE: CVE-2024-20960, CVE-2024-20961, CVE-2024-20962, CVE-2024-20963, CVE-2024-20964, CVE-2024-20965, CVE-2024-20966, CVE-2024-20967, CVE-2024-20969, CVE-2024-20970, CVE-2024-20971, CVE-2024-20972, CVE-2024-20973, CVE-2024-20974, CVE-2024-20976, CVE-2024-20977, CVE-2024-20978, CVE-2024-20981, CVE-2024-20982, CVE-2024-20983, CVE-2024-20984, CVE-2024-20985

USN: 6615-1