Ivanti Policy Secure 9.x / 22.x のコマンドインジェクションの脆弱性 (CVE-2024-21887)

critical Nessus プラグイン ID 189950

概要

リモートホストにインストールされている VPN ソリューションは、コマンドインジェクションの脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされている Ivanti Policy Secure は 9.x または 22.x です。このため、Ivanti Policy Secure (9.x、22.x) の Web コンポーネントのコマンドインジェクションの脆弱性の影響を受け、認証されていない攻撃者が特別に細工されたリクエストを送信してアプライアンス上で任意のコマンドを実行する可能性があります。この脆弱性はインターネット上で悪用される可能性があります。

ソリューション

ベンダーのアドバイザリを参照してください。

参考資料

http://www.nessus.org/u?11330e19

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 189950

ファイル名: ivanti_ps_CVE-2024-21887.nbin

バージョン: 1.17

タイプ: remote

ファミリー: CGI abuses

公開日: 2024/2/2

更新日: 2024/6/13

サポートされているセンサー: Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 10.0

CVSS v2

リスクファクター: High

基本値: 8.3

現状値: 7.2

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:M/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2024-21887

CVSS v3

リスクファクター: Critical

基本値: 9.1

現状値: 8.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:H/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:ivanti:policy_secure, cpe:/a:pulse_secure:pulse_policy_secure

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

Nessus によりエクスプロイト済み: true

パッチ公開日: 2024/1/10

脆弱性公開日: 2024/1/10

CISA の既知の悪用された脆弱性の期限日: 2024/1/31

エクスプロイト可能

Metasploit (Ivanti Connect Secure Unauthenticated Remote Code Execution)

参照情報

CVE: CVE-2024-21887

IAVA: 2024-A-0058-S